エコキュート被害 注意喚起チラシを冷凍空調工業会が作成

 消費者庁事故調がエコキュートについての調査報告書を公表して、後数日で1年となる。確かに報告書は被害者にとって大きな意味のあるものであったが、被害者の現状はあまり変化がないように思われる。埼玉地裁では被害者が提訴をし、また関西では調停が不成立となった。そして、各地に、移設や撤去等を求めて難しい交渉を続ける人々がいる。寒さ厳しい冬は、被害者にとって最も辛い時期となるが、安心して過ごせる「我が家」を取り戻すためだけに多くの犠牲を払いながら、頑張っている。

 このたび、日本冷凍空調工業会は、据付のためのガイドブックに加え、下記チラシをサイトにアップした。
 事故調報告書は、ガイドブックの認知率が非常に低いことを指摘していたが、その点は改善されたのだろうか。いまだに、事故調報告書を知らない自治体職員もおり、ガイドブックを知らない事業者がいるようであるが、チラシが有効に使われ、トラブルの未然防止に役立ってほしい。それ以上に、被害を所有者に理解させ、被害者からの求めがあれば、機器の移設や撤去をするように伝えてほしい。所有者にも事業者にも「裁判をしてみろ」などと言わせないでほしい。
  また、設置場所についてガイドブックで適切とされた位置であっても、被害が生じる場合がある。事故調報告書では19事案のうち、3事案で機器が被害宅から10m以上離れていても、被害が生じている。

日本冷凍空調工業会 サイトhttps://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html より引用。

”家庭用ヒートポンプ給湯機「騒音トラブル未然防止注意喚起チラシ」をアップし
ました。エコキュートの設置場所を決められる際には是非ご参考にして下さい。”

日本冷凍空調工業会日本冷凍空調工業会2


騒音トラブル未然防止注意喚起チラシより引用

2014年12月19日に消費者庁消費者安全調査委員会より「消費者安全法第23条第1項に基づく事故等原因調査報告書(家庭用ヒートポンプ給湯機から生じる運転音・振動により不眠等の健康症状が発生したとの申出事案)」が公表されました。
その中で、「リスク低減」の対策として「未然防止」が重要とされています。設計・施工の際には以下の点についてご注意いただき騒音トラブルが起きないよう事前にお客様へのアドバイス等のご配慮をお願い致します。

①設置場所の選定
  ・お客様および隣接するご近所様の寝室の傍は避ける
  ・ヒートポンプユニットの近辺(上方向含む)に窓や床下通風口等の音の侵入口があれば極力距離をとる
  ・ヒートポンプユニットの周囲に極力スペースを設け、壁や塀で音が反射しないように工夫する
②据付けのポイント(製品付属の据付説明書に従って施工願います)
  ・運転音や振動が増大しないように十分な強度のある場所、強固な台に据付ける(防振ゴム等の対策も検討)
  ・水平に据付ける

③苦情時の対応について
  ・経年変化による製品の異常がないかの確認
  ・据付け場所の移動(変更) の検討
   裏面(次ページ)の「据付け推奨例」を参照願います。
  ・防音対策の実施


上記の詳細については、一般社団法人 日本冷凍空調工業会発行の「家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック」を右記QRコード
または下記URLより参照願います。
http://www.jraia.or.jp/product/heatpump/t_guide.html
  
 
スポンサーサイト

【環境省】低周波音測定マニュアルより―冬は低周波音被害の季節?

【環境省】低周波音測定マニュアルより
https://www.env.go.jp/air/teishuha/manual/05-3-1.pdf

環境省の測定マニュアルによると、低周波音は「」と「測定地点の温度差」の影響を受けるとあります。

風については、「風による影響については、若干の順風(発生源から測定点の方へ風が吹く)条件で音が伝わりやすく」とあり、温度差については、「中立(高さによらず温度が一定)か、若干の逆転(地表より上空の温度が高い)の条件で音が伝わりやすい。」とあります。

すなわち、「朝晩や夜間、日中でも曇天の場合にしばしば大きな音が観測される。」のだそうです。
また、太陽に照らされ地表の温度が高くなる夏場よりも、地表の温度の方が低くなる冬場の方が低周波音は伝わりやすい=被害を酷く感じられる、という事なのかもしれません。

「朝晩に大きな音が観測される」性質のある低周波音被害なので、深夜の稼働が常であるエコキュートやエネファームの被害者の方々は、睡眠を奪われ、本当に心身辛い日々だと思います。

またエコキュートやエネファーム、エコウィルといった貯湯式給湯器は、夏場よりも冬場の方が稼働頻度が増え、給湯モードでの稼働時間帯も長くなります。
ただでさえ低周波音被害を酷く感じられる冬場に、低周波音を強く発する稼働が増えることになります。

「冬」という季節は、低周波音被害を感じる人には本当に辛い季節の到来であり、また被害を新たに発症する人も多くなる季節ではないかと思います。

しかし、その被害を起こしている低周波音の測定には適した時季でもありますので(エアコンの室外機など他の低周波音源となる機器も稼働が増え、影響を受けやすくなる時期でもありますが)、諦めず、解決のための行動をしましょう。

どうかお身体には気を付けながら。

あのちゃんディストピアなう

ブログ”あのちゃんディストピアなう” が更新されました。
「あのちゃん」は環境問題をテーマに漫画を描いていらっしゃいます。今回はエコ給湯器について二つの新作をブログで公開されましたので、
こちらでも紹介させていただきます。

エコキュートの呪い2015/09/17           ★エネファーム裁判2015/09/24

関連記事
ブログavengerより   「賢くなる漫画」http://oto0.blog.fc2.com/blog-entry-350.html 

一部引用。
burogu.png 

ブログ”あのちゃんディストピアなう” エコ機器関連

2015/09/24 
   エネファーム裁判
2015/09/17    エコキュートの呪い      
2015/04/08 冬の給湯器低周波音被害対策 2014 BOTあのちゃん 発表 
2014/12/29
   祝!?消費者庁事故調査委員会 調査結果他の記事
2013/08/27  あこがれのIKEA 

2013/08/21  エコキュートの嘘 その5 隣が妬ましいクレーマー? 

2013/08/16  エコキュートの嘘 その4 エコキュートはエコノミーか? 

2013/08/10  或るエコキュート被害者 

2013/08/05  エコキュートの嘘 その3 図書館なみの静音? 

2013/08/02  エコキュートの嘘 その2 エコキュートは環境に優しい? 

2013/07/31  エコキュートの嘘 その1 オール電化は災害に強い? 

2013/07/01  家を買うな 低周波音編 

2012/12/27  行政のむつかしいですねえさん 

2012/12/09  突撃!隣のエコキュート騒音 

2012/12/02  室外機等配置図       

2012/12/01  静かなエコキュートの謎 

2012/11/30  日立が来た 

2012/11/22  エコキュート 死者も出てます 

2012/11/21  消費者庁事故調査委員会へ事故を申請しましょう

2012/11/20  その名はエコキュート! 

2012/11/19  隣へ苦情を言いに行こう 

2012/11/18  生活が侵害されるっ!! 

2012/11/17  突然、被害者になる 


「低周波音による健康被害との戦いの記録」

高崎エコキュート裁判の当事者の方のサイト「低周波音による健康被害との戦いの記録 」に動画の記録が加わりました。http://j.gmobb.jp/lowfrequencysound/ekokyutomin_shi_su_song/di_zhou_bo_yin_bei_haiheyoukoso.html

 
エネファームが低周波音による健康被害で訴えられたって本当?- 長さ: 66 秒。
消費者庁の報告書が出た中でのエコキュート訴訟2015/09/18   日経ホームビルダー

 「2014年12月に消費者庁の消費者安全調査委員会がまとめた報告書の内容を知見として利用できることは、健康被害を訴える人の主張が認められる助けになる」。こう説明するのは、エコキュート(ヒートポンプ式給湯機)から発生する低周波音を巡る訴訟で原告代理人を務めている弁護士の井坂和広さんだ。


消費者事故調「エコキュート」・電気給湯器の音で健康被害の可能性- 長さ: 92 秒。
2015/01/29 に公開
消費者庁の安全調査委員会、いわゆる消費者事故調は「エコキュート」と呼ばれる電気給­湯器の音で、不眠や頭痛の症状が出たとするケースについて報告書をまとめ、人の耳では­聞き取りにくいいわゆる低周波の音が ... 
 

資料

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

太陽光発電 パワコン について

太陽光発電パワコンは、24時間フル稼働?、運転音もずっと出ている?

太陽光発電クレーム:騒音 より引用です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
太陽光発電クレーム:騒音http://linkis.com/xn--pck4e9azd690u04j343cds1cq6a.com/hFAv


「屋根の上のソーラーパネルが発電する時に、音は全く出ません。太陽光発電で騒音が気になるというのは、室内に設置した周辺機器が原因です。

太陽光発電は、屋根で発電した直流電流を、家庭で使える交流電流に変換してから室内の電線を流れます。
この電気の返還を行っているのがパワーコンディショナという機械です。パワーコンディショナはモーターを内蔵しているので基本的にある程度の運転音はどうしても発生します。そのため、室内に設置する場合は、ロフトや廊下の端など、できるだけ騒音が多少出ても気にならない場所に置くようにします。

最近は、メーカーも清音対策を進めており、昔に比べて静かで小型のパワーコンディショナが登場しています。
小型化されたパワーコンディショナの場合は、玄関先に置けるほどのサイズです。

シャープは、パワーコンディショナを室外に設置します。エアコンの室外機のような形状ですが、パワーコンディショナは24時間フル稼働で、運転音もずっと出ているのがエアコンと違う点です。

隣家との境に近い場所にパワーコンディショナを設置したために、ご近所と騒音トラブルになったという話もあります。
室外に置くタイプのパワーコンディショナの設置場所にも気を配りましょう。
騒音ではありませんが、低周波に敏感な人は、パワーコンディショナが発生する低周波が気になる場合があります。
いずれにしても、パワーコンディショナはできるだけ人間の生活するエリアとは離して置くのが良さそうですね。」


引用以上



「低周波音にあふれる未来生活」


風力発電建設に反対する会安岡沖洋上風力発電HPに 名古屋工業大学名誉教授 牧 巖氏の「風力発電に対する科学的論考 『それでも風力に賛成ですか?』 」が掲載されています。それより一部紹介いたします(p5後半)。前文はこちら

低周波音にあふれる未来生活

 今でさえ低周波音に満たされた私たちの生活環境は、この先さらに低周波音に溢れたものになりそうである。それはエコをうたいながら、その実低周波音を多く発生する新種の家庭電化製品の普及である(エコキュート、エコウィル、エネファームなど)。いま最も普及しているエコキュート(電気湯沸かし機)は、エネルギー効率が高い(?)として、政府が地球温暖化対策の一環に補助金まで出して推奨した(2001年4月製品化)。

 これはヒートポンプ方式を採用し、空気中の熱を利用して湯を沸かすものである。商用周波数60ヘルツを半分の30ヘルツ、あるいはさらにそのまた半分の15ヘルツに落としてコンプレッサー・モーターを駆動する。その分駆動音が低くなり、低周波となって人の耳に聞こえ難くなる。これが静音化といわれるものの実態なのだ。低周波音の持続時間はその分長くなる。この低周波音による被害を巡って隣人間で紛争が多発している。製造・販売業者は自らに不都合なことは一切言わないし、製造業者は製品知識をまったく持っていない。隣家との距離、設置の位置や方向に注意さえしていれば、被害を未然に防げたかもしれないのである。最近になって経産省はやっとこの問題の存在を認めた。

 これからの時代、自他ともが平穏な環境で暮らそうと思えば、音とりわけ低周波音に関する知識と高い意識が欠かせない。加害者にはむろんのこと、被害者にならないよう十分注意しなくてはならない。

 低周波音による健康被害は、現在の新たな公害である。そう遠くない過去に、この国は人命より経済を重視し優先させてきた結果、問題の早期解決の時期を失して被害を拡大させ、悲惨な大規模公害を次々と引き起こした。その影響はいまだに続いている。人間を含むあらゆる生命にとって、環境こそが至高の生存条件なのである。  


カウンター

プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -