わかやま新報 「低周波音被害を考える 弁護士会がシンポ」

2017年2月15日に行われたシンポジウムについて「わかやま新報」に掲載されました。以下、引用です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わかやま新報

「低周波音被害を考える 弁護士会がシンポ

「電気機器などから発生する低周波音と健康の関係について考えるシンポジウムが15日、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開かれ、約80人が講演やパネルディスカッションに耳を傾け、理解を深めた。

和歌山弁護士会(藤井幹雄会長)が主催。低周波音が健康に与える影響について、多くの人に知ってもらおうと企画した。

低周波音は、おおむね周波数が100Hz以下の音波。近年、風力発電施設をはじめ、空調室外機や給湯機器などからの低周波音による不眠や頭痛などの健康被害を訴える人が増えており、注目されつつある。

基調講演では、京都大学の小林芳正名誉教授が、低周波音が人体に与える影響について、物理学の研究成果などを紹介。小林名誉教授は低周波音について、「防ぐのが難しく、低周波音を下げるには、(対象物から)遠くに離れるしかない」と強調。人体にとっての低周波音の有害性については、公害研究で知られる故汐見文隆氏の学説「日本人は言語音をつかさどる左脳に偏って低周波音を受け取りがちで、それが自律神経中枢の変調につながる」を紹介した。

シンポジウムでは、低周波音による健康被害の問題に詳しい弁護士やNPO法人代表らが「低周波音被害の実態とその救済」と題して議論。大阪弁護士会所属の岸秀行弁護士は法科大学院生時代に自宅の寝室から約1㍍の位置に自然冷媒ヒートポンプ給湯機が設置されたことで、毎晩自動車のアイドリング音に似た音が聞こえるようになり、不眠症に陥った経験を告白。調停を通じて移設を実現させた岸弁護士の活動について、同弁護士会所属の山本浩貴弁護士は「相手方に落ち度があるのではと疑い、早い段階から動いたことが良かった」と話し、被害発生から対応開始に至るまでの早さを評価した。山本弁護士は、低周波音の被害を訴える機関として、公害審査会(和歌山の場合は公害紛争処理制度)を挙げ、「この問題に対する関心の高まりを感じている」と語った。

NPO法人STOP低周波音被害の今﨑廣美会長は、平成22年ごろから隣家に家庭用燃料電池システムが設置されて以来、自宅に戻れない日々が続いていることを告白。不眠や吐き気などに悩まされ、2カ月半の間に体重が7㌔減ったと話した他、家族崩壊の危機にも直面したと語った。

今﨑会長は相談先の自治体などで十分な対応を受けられなかったことにふれ、「なかなか相手にされず、因果関係を証明するのに苦労した。団体には悲惨な相談が相次いでいる。この問題にもっと関心を持っていただきたい」と呼び掛けた。

風力発電の被害を考える会・わかやまの松浦攸吉世話人代表は、県内における風力発電の被害とその対策について報告。風力発電の被害について「地域住民が認識して対処法を取らないといけない」と住民の主体的な活動の必要性に言及し、被害状況を示したDVD作成などの活動を紹介した。低周波音による健康への被害について、松浦世話人代表は「(幸福追求権などを定めた)憲法13条や(生存権を保障した)同25条に抵触し、人権を侵害している」と強調。人権問題として捉え行動することの重要性を強調した。」

意見を交わすパネリストたち

意見を交わすパネリストたち

スポンサーサイト

朝日新聞記事「シンポジウム 低周波音問題を考える」より


「低周波音 苦しみ知って」

 2017年2月15日、和歌山弁護士会主催の「低周波音問題を考える」というシンポジウムが開かれました。朝日新聞和歌山版で報道されました。当会からもパネリストとして参加いたしました。

朝日2月17日和歌山





眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調

中日新聞20161216
眠れる夜を返して 広がる低周波音被害(下) 消費者事故調http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2016121602000005.html

中日新聞<眠れる夜を返して 広がる低周波音被害>(上)  隣家の電気給湯機

12月6日の朝日新聞に続いて、中日新聞でも給湯器の低周波音について、報道されました。

<眠れる夜を返して 広がる低周波音被害>(上) 隣家の電気給湯器

以下、連絡先にこの記事についてご意見をお寄せください。
中日新聞社全般、ウェブサイト「中日新聞CHUNICHI Web」についてのご意見・ご要望

中日新聞20161215




朝日新聞朝刊記事「電気給湯機の音 悩む ご近所」

  朝日新聞朝刊に、「電気給湯器の音 悩む ご近所」という見出しで低周波音問題が掲載されました。

記事をお読みになった方は、朝日新聞社にご意見等、をお伝えください。反響が大きくなれば、第2弾、3弾と、さらに問題を掘り下げてくれるかもしれません。また、解決の困難なこの問題が世間に周知されるようになれば、少しは解決に希望が持てるようになるかもしれません。大阪本社【ご意見・お問い合わせ】 06-6201-8016
asahi.jpg  

「エコキュートやエネファーム……家庭用エコ機器の「低周波音」で健康被害が続出!」

「イグ・ノーベル・ドクター新見正則の日常」の「低周波音 健康との因果関係は?」は、低周波音被害者には看過できない記事でした。中野有朋著「あの音が私を苦しめる!?」という本は悪意と偏見に満ちた本ですが、新見氏はまるでこの本を読んで、低周波音被害をとらえたかのようであり、新見氏の見解に腹立たしさを覚えました。もちろん個人の見解ですから、勝手に言っておけばとも思いますが、やっぱり報道の影響は強く、私たち被害者をクレーマーとする従来の見方を助長するものは見逃すわけにはいきません。かといって、多分、反論しても糠に釘、暖簾に腕押しではありますが、新見氏がこれを機に低周波音被害に関心を持ってくださることを願っております。

  思えば、2011年のエコキュート高崎裁判の提訴時には、ネットではこの裁判原告に対する非難や中傷のコメントが並び、「クレーマー」「金目当て」「やっかみ」、「神経質」だとか、低周波音被害の実態を知らない方々が好き勝手に書き込みをしていました。私たち被害者はどれほど辛い思いをしたことでしょう。
 しかし、2014年12月の事故調報告書公表時や、2015年11月末の東京地裁のエネファーム被害者の提訴時のコメントでは、まったく反応が以前とは逆転し、私たち被害者も驚いたものです。この数年の間に、これほどまでに低周波音被害に共感を持つ人が増えていたことに感慨を覚えました。

例えば、低周波音被害についての記事に対する、以下のコメントをご覧ください。(赤字青字は管理人)

204
外壁2m距離でブーンブーンやられたらそりゃぁうるせぇよなw
204
低周波振動による健康被害は10年以上前から有るのに厚労省ムシ
174
広大な土地を所有している人だけお買い上げ下さい
153
神経質な人は時計のカチカチや人の寝息でも眠れないからね・・・
92
エコキュートの時と同じか?エネファームも
76
風力発電もダメ!とても眠れないよ。
71
例え環境保護と云え金儲けなら被害補償はするべき
62
低周波に耳栓は無効
51
代替エネルギーはムリ!水素も南米を犠牲にして嘘ばかり!!
43
設置場所や設置方法が悪いのでは振動を抑えれば気にならない


20
低周波を訴えると神経質な人で片づけられる。本当に辛いんだぞ!
14
症例が増えるほど低周波の人体への影響が明確になるだろう
11
風力発電なら人家から遠く離れて設置で解決。これは民家だから
8
高知の某国民宿舎の風力発電、とても眠れん!
7
大音量で車外に漏れる低周波音は犯罪もの。本人知らず
3
エアコンでも同じハズ!文句出ないのは自分の所も使ってるから?
3
高圧送電線の磁波が最も危険なのに何故問題にしない?
3
購入寺は低周波を確認や対策措置が必要なのね。
2
低周波治療器があるんだから健康に良いのでは!?
2
低周波=振幅大。それが臓器の固有振動数と一致し共振→吐


被害を肯定する意見が圧倒的に多くなっています。このように低周波音に対する世間の認識が過去とは一変しており、世間にこの被害が単なる近隣トラブルではなく、真の公害問題としてとらえられ始めたように思います。そして、以下のような記事につながり、なおさら新見氏の意見は「今更感」が強いものとなりました。

HEALTH PRESS
エコキュートやエネファーム……家庭用エコ機器の「低周波音」で健康被害が続出!」 
http://healthpress.jp/2016/03/post-2288.html から全文引用


「低空飛行する航空機の轟音や、幹線道路の車の音、街頭アナウンスや踏切の警報音……。今まで音による苦情や被害は、もっぱら「騒音」によって起きるというイメージがあった。
 しかし最近では、機械や設備などから出る静かな騒音、つまり「低周波音」への苦情や健康被害の訴えが増えている。周りが賑やかだとあまり気にならないが、静かになると低く「ブーン」と響いてくる、あの唸るような音だ。

 環境省によると、低周波音によって「不眠や食欲低下などの健康被害を受けた」と全国の自治体に寄せられる相談は、1980〜1990年代には年に20〜40件程度だった。しかし2000年代に入って急増し、2008年度には年に200件を超えた。

 とりわけ家庭生活の中で起きる苦情が増えており、背景には省エネ対策で急速に普及した「エコキュート」などの家庭用給湯機器や、「エネファーム」などの家庭用コージェネレーション(熱電併給)設備があるという。これらが発生源とされて、隣人同士のトラブルが裁判に発展するケースも出てきた。

ネットには被害者の集うサイトも
 「低周波音」とは1秒間に空気が振動する周波数(単位はヘルツ)が少ない、ごく低い音のことだ。人間の耳は個人差があるが、だいたい20〜2万ヘルツの音を感じることができるといわれる。

 わが国ではおおむね1〜100ヘルツの音を「低周波音」と呼び、その中でも特に人間の耳には聞こえにくい20ヘルツ以下の音を「超低周波音」と呼んでいる。

 低周波音は何も家庭用給湯機器だけから出ているのではなく、私たちの身近にどこにでも存在するものだ。たとえば自然界では大きな滝の水が滝つぼに落ちる音や、波が防波堤で砕け散る音に低周波音が多く含まれている。

 また、バスやトラックのエンジンや変圧器、ボイラーなどからも発生している(環境省「よくわかる低周波音」より)。https://www.env.go.jp/air/teishuha/yokuwakaru/full.pdf

 人の耳は周波数が低くなるほど感度が鈍くなるため、実際に感じることができる低周波音は大きな音であることが多い。ところが通常、人の耳に聞こえるほどの大きな低周波音が発生している場所は限られ、どこにでもあるわけではない。今までは問題が生じることは少なかった。

 だが、家庭用の省エネ機器は生活空間と至近距離にあるうえ、夜間に長時間稼働するため苦情に繋がりやすい。

 たとえば、昨年11月には、東京都練馬区に住む会社員の男性が、隣家が設置したガス給湯器の「エネファーム」から出る低周波音によって健康被害が出たとして、隣人に使用の差し止めを要求。さらに製造元などに損害賠償の支払いを求める裁判を起こしている。

 男性は「頭が痛み、耳鳴りがし、気持ちが悪くなったりする」と主張。「家に帰るのが嫌になる」と訴えた。

 インターネット上には低周波音被害者のサイトもあり「不快な騒音のため庭に出るのも憂鬱」「運転開始から室内に夜も昼も間断なくその音は聞こえるようになった」とされ、「わずか2カ月半で体重が7kg減った」「眠れなくなり、うつ状態になりそう」「めまいや胸の圧迫感、動悸、手足のしびれが起きた」などといった被害状況が書き込まれている。

消費者庁が因果関係の解明に動く

 こうした状況に国も動き始めている。消費者庁の消費者安全調査委員会は、2014年12月に隣家の「エコキュート」で不眠や頭痛などを発症したとする群馬県高崎市の夫妻の訴えに対し、「低周波音が関与している可能性がある」との報告書を公表。

 さらに昨年の11月には、同様に苦情が相次ぐ「エネファーム」や家庭用ガス発電・給湯暖房システム「エコウィル」に関しても、運転音や振動と健康被害との関係を調査することを決めている。

 一方、「エコキュート」の普及に取り組む一般社団法人・日本冷凍空調工業会は、設置業者向けのガイドブックで、「寝室のそばへの設置を避ける」「稼働音の反響を軽減するため壁から距離をとる」「隣家の窓と向き合わないように設置する」などの対策を促している。

 「健康被害との関連が不明でも苦情が出ている以上、注意喚起に努める」という。

 実際のところ、低周波音被害は人類が初めて体験する未知の疾患だ。確かなのは、技術の発達とともに低周波音を継続的に発する多くの機器が普及し、これに敏感に反応する人が増えてきたことだけだろう。

 低周波音による不調は頭痛やめまい、イライラ、胸の痛み、不眠など人によってまちまちだ。いわゆる「不定愁訴」であり、検査をしても原因となる疾病が見つからないため、心理的な問題を指摘する専門家もいる。

 現在これといった治療法はなく、原因を取り除く以外に方法はない。低周波音に強く反応してしまう人がいる一方で、まったく何も感じない人がいることも理解が進みにくい一因だろう。

 日本の環境政策を定める「環境基本法」には、「大気汚染」「水質汚濁」「土壌汚染」「騒音」「振動」「悪臭」「地盤沈下」の七つの公害が列挙されているが、そこに低周波音は定義されてない。だが、健康被害の訴えは年々増加しており、潜在的な被害者はもっと多いかもしれない。

 早期の因果関係の解明とともに、公的なガイドラインの作成と法整備を望みたい。」

以上引用。


新見正則氏コラムに対する意見2

イグ・ノーベル・ドクター 新見正則の日常 
「低周波音、健康被害との因果関係は?」に対する意見  意見1  からの続き

Cさん

読売新聞様

 2月28日の「低周波音 あいつぐ被害」を記事にしていただき、感謝しております。
 低周波音被害についてメディアがこれほど大きく取り上げたことはかつてありませんでした。当方は以前より何度もメディアにエコキュートやエネファームの被害を訴えてきましたが、メディアはまるでタブーであるかのようにこの被害を扱おうとはせず、そのためにこの被害は世間にほとんど知られることはありませんでした。消費者庁消費者安全調査委員会(事故調)がこの問題を調査対象と選定したころより、だんだんと世間にこの被害が知られるようになってきたように思います。しかし、今もなお、世間の理解がないために被害者はクレーマーと蔑まれ、医師にさえ「気のせい」とか「統合失調症」と扱われることも珍しくはありません。一旦、被害に遭えば,その解決には多大な苦労が必要となります。
 
 そのような深刻な状態でありながら、低周波音被害の本質も実態も何もお分かりでない新見氏が「低周波音 苦情あいつぐ」の記事にとびつき、不勉強なまま、杜撰な主張をする事に被害者として非常に腹立たしく思います。

 新見氏は、イグ・ノーベル・ドクターという肩書でコラムを執筆なさっているのでしょうが、専門家はその専門分野においてのみ専門家であり、一般見識は高くとも素人にすぎません。有名な医師であるとの自信からか、国内の文献調査もせず、誤解と偏見で記事を書いています。海外の論文を読んだとありますが、海外にはエコキュートもエネファームもまだありません(普及していません)。せめてこのようなことを書くのなら、事故調報告書を読み、事前にそれなりの情報を得てからにしていただきたいと思います。

 まるで、コラムの題材に困ったから、最近のニュースを取り上げてみたとしか言いようがない内容であり、このような情報が被害の認知に誤解を与えることを危惧します。大新聞のコラムの持つ社会的影響を考えると、新見氏は十分な準備をして質の高い情報を発信すべきであったと思います。
また、貴紙には、2月28日の記事に続いて、これからも被害の実態を取材し、被害未然防止のために何をすべきかなど、この問題を深く掘り下げていっていただきたいと願います。

 一昔前までは工場にしかなかったような機械が今は住宅地で複数台、深夜も運転しているような時代です。集合住宅用のエネファームも開発され、2030年にはエネファームは530万台まで普及予定となり、さらに24時間換気、床暖房、太陽光発電パワコン等、多種の機器による低周波音の脅威で、安心して住める場所が無くなってしまうことを不安に思っています。


参考までに、新見氏の意見(太字部分)に対し反論を記しておきます。

「滝壺のそばに住む人が滝の音で、また堤防のそばに住む人が波の音で体調を崩したとはあまり耳にしません。一方で、家庭用発電装置や給湯機器が発生源のときは健康被害として報告されます。違いはなんでしょうか。」
 

 被害を起こす低周波音は卓越周波数となっています。車の走行音は低周波音の音圧は高いもののどの周波数も一様に高く、卓越周波数は出現せず、音は気になりませんが、アイドリング時には特定の周波数のみが高くなり、不快感を感じる人も少なくありません。このように同じ低周波音を発生させようとも、状態によって被害感覚は異なるものとなり、滝壺の音が低周波音を含むからと言って、給湯器の音と単純に比較することなどはできません。
 なお、車のアイドリングは一時的なものですが、給湯器や発電機は長時間、稼働し、特に夜間の稼働音が問題になっています。


「あいつが引っ越してきたから、変な音がし出して調子が悪い」といったストーリーが出来上がります。」
 こんな低俗な考えをすることに驚きます。勝手にストーリーを作り、被害者を貶めないでください。家庭用給湯器や発電機のことを語るのであれば、せめて消費者庁消費者安全調査委員会のエコキュートに関する報告書をお読みになってからにしてください。報告書にある19事案のうち2事案は所有者自身の給湯器による被害ですし、また、引っ越しして新居での生活を始めた後で、体調不良をおこし、その原因が隣家の給湯器であると時間が経ってから気が付く場合もあります。新見氏はこのような被害例をどのように説明するのでしょうか。


「仕事でトラックを運転している人、仕事で船に乗っている人、工場の低音環境の中での仕事に従事しているという人には、それは最初から定まった致し方ない事態なので、今さら、くよくよするよりも、致し方ないと思って受け入れることができるのです。」
 臨床医としてこの問題に取り組んだ汐見文隆氏は、労働時の交感神経優位の状態では低周波音の影響は出にくいこと、また作業場では低周波音以外の騒音が高く、それが低周波音をマスクし、被害が生じにくいと仰っています。この被害は労働時ではなく、休息の場である家庭において、静かな夜間に顕著な被害が起こるものであり、労働時と比較することはできません。汐見氏の著書では「漁師である被害者が海では酔わず、家の中で風車による低周波音で船酔いをすると言っている」と記されています。
 

「僕自身は、夜中に空気清浄器の低周波音は気になるのでオフにして寝ています。」
  もし空気清浄器をオフにしたくとも、自分ではオフにできなければどうしますか。隣家の給湯器からの低周波音をマスクするために、使いたくもない空気清浄器を使って眠らなければならない被害者もいます。それでも眠られず、苦しくて夜の街へ出て彷徨う被害者もいます。
隣家の給湯器をオフにしてもらうために、難しい交渉をして、そのあげく裁判まで至る被害者もいます。新見氏のように、機器の所有者が被害者の訴えを単なるクレームとして、新築を妬んだ隣人の嫌がらせと思い込み、真剣に被害を考えもしようとしなければ、被害者は泣き寝入りをするか裁判を選ぶしかなくなります。

  新見氏に望みます。思い込みの塊のような、無責任な記事を書かないで下さい。まず、被害者の手記などを読み、なぜ被害者が被害を訴えているのかを探ってください。医師ならば、先入観を捨てて謙虚に、そして真剣に低周波音による被害者の訴えを聞き、この被害に取り組んでください。汐見医師が私財を投じて、40年以上も、この被害に取り組んでこられたように。
 


関連記事 「黙殺の音 低周波音」 
                 
「avenger」 

新見正則氏コラムに対する意見 1


低周波音被害者にとって、見過ごせない記事が掲載されました。
それは、
イグ・ノーベル・ドクター 新見正則の日常 というコラムで「低周波音、健康被害との因果関係は?」という記事です。それに対する当会メンバーの意見を紹介いたします。


Aさん

  これを読んで驚きました。
 この方「マウスにオペラ『椿姫』を聴かせると・・・」という論文を書き賞を取られたようで!
 さぞかし、いろいろな音に関する論文を読まれたことでしょう。大橋力氏、本田学氏に関する論文も読まれたことでしょう。昨今、脳の可視化によりいろいろな事が判ってきましたのに、このコメントです。呆れました。
聞こえる音・聞こえない音も身体(振動受容器)から反応するのです。結果の生理反応です。何かの要因(ストレッサ―)で閾値が下がり(この場合は低周波音・振動)、低周波音が聞こえるようになった被害者のパニックが判らないようですね。

 何も情報が判らない低周波音被害者は、この様な医師の言葉に「自分がおかしくなったのか」と苦しみ、幾重にも「ストレッサ―」を抱えます。症状は重くなります。厚生労働省も莫大な医療費に苦慮しております。医師が症状を悪化させてどうするのですか!?このコメントを載せた担当者も、もう少し勉強して下さい。

 1千万部を誇る読売新聞として、正しい情報の発信を望みます。!


Bさん
 読売新聞の医療サイトのコラムに於いてこのような発言はがっかりであり、非常に迷惑であることを申し上げたいです。

 この先生が医療界に於いてどれだけ偉い方か存じませんが、おそらくご自身が低周波音被害者を診たことも無く、聞いた話に基づく偏見とさえ思います。雑談ともいうレベルのものを肩書きのある方の発言と言うことで取り上げる読売新聞の姿勢にも大いに疑問を感じます。

 環境省は何十年前から低周波音被害に関して「調査中」であり、これからもそうでしょう。家庭用給湯器(エコキュート)に関しては、どの省庁でも取り上げられない、いわゆる隙間事案を扱うとしてる消費者庁安全調査委員会にて調査をし、その因果関係の可能性を認めています。ですから、経産省・環境省等関係各省庁に意見を出し、低周波音被害の周知と機械の改善を求めています。 このような状況での今回の発言を紙面に載せた、新聞社の姿勢をも疑います。

 4年半で112件ものエコキュートによる届け出があり、その事実は揺るがない、そう仰る方もいらっしゃいますし、エコキュートの騒音に関してはシミュレーションできるが、低周波音に関してはできない、そう仰る機械技術者もいらっしゃいます。私は、消費者庁の報告書発表を新聞で知り、エコキュート所有者から相談を受けた事もあります。

 低周波音被害を「気のせい」とされてきた経緯を未だに持ち出す、意図はなんでしょうか。この先生の発言に新聞社として気づくことがあったと思われますが、いかがでしょうか。


低周波音被害について (読売新聞記事)


読売新聞記事 「低周波音 苦情相次ぐ」
2016年2月28日
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160228-OYO1T50005.html?from=oycont_top_txt

読売新聞記事B1読売新聞記事B2 

yomiuri2016-02-28-2.jpg 
      
 

遂に消費者庁も動き出す「低周波音」被害 ガス発電の「エコ」な家庭が引き起こす怖い症状【J-cast記事】

J-cast様の「遂に消費者庁も動き出す「低周波音」被害 ガス発電の「エコ」な家庭が引き起こす怖い症状」という記事に、当NPOが記事協力をさせていただきました。

http://www.j-cast.com/2015/12/06252145.html

以下引用です。

「NPO法人「 STOP!低周波音被害」がまとめた、低周波音被害の騒音源となる家庭用機器の内訳によると、全体(147件)のうち、エコキュートが45%、エネファームやエコウィルなどのガス給湯器が18%と、家庭用コージェネレーション設備だけで63%にものぼる(15年6月末現在)。

また、低周波音の被害者がとった自衛手段(167件、15年10月現在)の9%が避難や転居で自宅を離れることを選択。外泊などが11%、睡眠薬の服用や寝室の移動などで日々の生活に耐えているケースが46%を占めている。

「STOP!低周波音被害」の門川万里子理事長は、「エコキュートの低周波音被害の教訓が、後発のエネファームにまったく生かされなかった」と嘆く。そのうえで、「エネファームの普及台数に対する被害発生率はエコキュートのそれよりも格段に高く、被害もより深刻。その被害相談も多くなっています。ただ、被害解決もまた非常にむずかしくなっています」と話す。」

エネファーム・エコウィルの低周波音による健康被害の消費者事故調査委員会の調査対象の決定、またエネファームの低周波音被害に関する提訴に関連した、低周波音被害の実情に一歩踏み込んだ記事を作成いただきまして、誠にありがとうございました。
カウンター

プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -