「風力発電の被害を考える会 わかやま」総会

2015年3月29日、和歌山市で行われた「風力発電の被害を考える会 わかやま」で、当会代表Kさんが「NPO法人 STOP低周波音被害」の発足と活動報告」をいたしました。その内容が「風力発電の被害を考える会 わかやま」のブログに掲載されましたので、こちらでも引用いたします。
http://blog.livedoor.jp/windfarm_wakayama/archives/2015-05-26.html


 NPO法人STOP低周波音被害の代表のKと申します。昨年に引き続き、総会へ参加させて頂きました、またこの度は、このような発言の機会を与えて頂けたこと感謝致します。

 この会場に来る前に、時間がありましたので、わかやま城へ見学へ行って参りました、桜には早く、あいにくの雨でしたが、天守閣から見た和歌山市街はとても緑の多い自然が素敵な街でした。
  ただ神戸から車で和歌山へ来る道すがら、多くのメガソーラーを見かけ、また市街地にはエコ機器設置の住宅が非常に増えていて、このようなエコと呼ばれる製品普及の流れが加速してきていると強く感じ、不安と残念な気持ち、なかなか被害者の声が反映されないでいることに、不甲斐なさと、悔しい気持ちを感じています。

 当法人の会員の多くは、このエコと呼ばれる住宅機器からの低周波音被害に苦しんでいる方が多く、風力発電被害と違い、個人の住宅の中で被害に遭うために、集団で被害を訴えることも難しく、被害が出始めた当初は、個人で情報もなく相談先もなく、泣き寝入りされたままの方が多くいました、それは今でも、まだ続いています。
 このような被害環境に、2012年にエネファーム被害者の集まりから始まり、エコキュート被害者が加わり、2014年2月に被害者の会からNPO法人を発足させました。被害当事者が自ら動き、被害者同士が相互扶助の考え方で支え合い、この被害の周知と理解、自らの被害解消を目指しています。前回の総会でDVDを拝見し、当事者が被害を訴えることが一番大事であると訴えておられたことが、一年経ち、改めて、その通りであると感じています。

 私どもの会は、他の被害団体とは少し違い、被害者が全国に点在している為、会員の居場所はバラバラです。ネットインフラが発達したおかげで、現在、情報のやり取りが可能になり、被害者が繋がりあい、それぞれ支援し合えるようになりました、この環境を最大限に生かしながら、被害者が出来ることを考えたいと思っています。情報を拡散して、被害が多くあることを、今後もっと世間に広めたいと思います。なぜなら、この被害に遭った被害者は自身を苦しめるこの被害が何であるのかを知る為に学ばなければいけません、そうでなければ周囲に理解されず、この被害を止めることもできません。また当事者が、この被害をしっかり世間に伝えることは、それは自分の被害を解決する道にも通じるかと思います。
  離れた個人が繋がり合える恵まれた環境にありながら、しかし、簡単には、まだ解決には至りません。参照値や法整備の遅れ、国や自治体の対応等、様々に改善を求めることが必要で、乗り越える壁は高く、新しい公害でもある、この被害を、実際どのように訴え変えていくのが良いのか悩みも多く、正しいのが何かわかりませんが、トライ&エラーを繰り返しながらも挑戦し続けなければいけません、立ち止まっていては被害は無くせないのですから。

  風力発電の被害者の皆様とは、環境や原因は違えども生活を狂わされている同じ境遇の低周波音被害者同士、それぞれの活動が少しづつ現状を変え、お互いに良い影響を与えて、支援し合える強い繋がりを持てたらと思います。
 先ほど、汐見先生が寄せて下さったコメントにありましたように「先人が取り組んできてくれたことを、各自がそれぞれ生かしてゆく、この流れを滞らせない、被害当事者が訴えることが大事、他の誰も代わりに取り組んでくれない」を、しっかり心の止めて今後も前進していきたいと思います。

 また、前回の総会資料を引出し、読み直して参りましたが、そこにメモで「誰かの苦しみの上に成り立つ社会は間違っている」と書き残してありました。風力、エコ機器に関係なく、自分さえよければ、他に被害が出てもしかたない、少数は見捨てる、と言うような風潮にある現在、このような社会は、変だおかしいと、気づく人が増え、良い方向へ変わっていって欲しいと願っています。

スポンサーサイト

第2回「風力発電の被害を考える会 わかやま」総会

第2回「風力発電の被害を考える会 わかやま」総会に当会から、4名出席しました。

まず最初に汐見先生から寄せられたメッセージが松浦攸吉氏に読み上げられました。「今までの知見の上にこれからも知見を積み上げていってください」という内容です。そして一連の総会の議案について承認が行われたあと、第2部の報告が行われました。 ①Kさんによる、NPO法人STOP低周波音被害 NPO法人発足の報告  ②和歌山県白浜町椿地区の風力発電計画の顛末  ③由良町、大窪町の現状報告  の3つです。それぞれ活発な意見交換がなされ、非常に有意義な時間でした。総会後の懇親会でも、いろいろお話しを伺うことができました。

  その中で、弁護士の方に「脳脊髄液漏出症のことをお聞きしました。これは、交通事故や労災などの後遺症で耳慣れない疾患ですが、低周波音被害と同様、目に見えぬ不定愁訴が主症状で、その症状と周囲の無理解という二重の苦しみに悩まされます。学会でも脳脊髄液が漏出するはずはないという医学の常識を主張する専門家と、実際に漏出を抑える処置で症状が回復する例があるという医師(少数派)とが長年、対立していたそうです。そして悪意のある保険金詐欺などとの見極めの難しさから、交通事故との因果関係が争点とされ、裁判ではなかなか脳脊髄液漏出症が認められにくいものだったようです。画像診断ができるようになって、被害者の救済が可能になったということでした。いまだ科学的知見が不明である低周波音被害もまた、いずれ科学的解明が行われるでしょうが、現在の医療や科学の技術面での制約でできない、いや、科学的解明をしようとせずに被害を認めない勢力に腹立たしさを感じます。
関連記事  https://www.facebook.com/nousekizuieki/posts/492561864149826?stream_ref=5

以下は、 週刊金曜日記事「電磁波問題に予防原則を――欧州環境庁が警告」から抜粋。  この記事は欧州環境庁が2013年1月23日に公表した『早期警告からの遅すぎる教訓:科学、予防、革新(Late lessons from early warnings:science, precaution, innovation)』を元に書かれています。

…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「害の証拠がない」という研究結果は、単に研究が不足しているだけなのに、「害がない証拠」として利用されてきた。因果関係を立証する際は、安全性を証明する時よりも強い証拠が求められる。しかも早い段階でリスクを警告した科学者は、降格や法的な脅しなどの嫌がらせを受けてきた。

 被害を防ぐには、因果関係が完全に立証されるのを待つのではなく、科学的な不確かさや無知の存在を認め、予防原則に則った対策が必要だという。情報の共有と科学者の法的な保護、被害者への賠償制度、市民参加と透明性の確保など社会的な枠組みも必須だ
…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この短い文の中にいろいろな事柄が集約されておりますが、次の1点について、もう少し追加してみます。、

「早い段階でリスクを警告した科学者・・・・・・・・・」

  低周波音被害の汐見文隆医師も、脳脊髄液減少症の
篠永正道医師も、患者の訴えに真摯に耳を傾けたからこそ、それぞれ症状を疾病として早い時期に認識し、その原因を突き止めることができたのでしょう。汐見医師は聴診器ではなく、医師には無縁である低周波音測定器を手に診察室を出て被害者の家を訪れ、被害現場の中で症状と低周波音との関係をつきとめていきました。しかし、被害を否定したい工学系の研究者から「聞こえない低周波音で健康被害はない」という攻撃を受け、医学界でもこの問題に関心をもつ協力者を得ることはありませんでした。
  低周波音は産業界とそれを保護する国から、そして、脳脊髄液減少症は損保会社や国などからの圧力があったのでしょうか。しかし、脳脊髄液減少症は、関係者の尽力によって研究費補助を受けて研究がすすめられ、治療が保険適用されることになったようです。低周波音被害は、まだまだ時間がかかりますが、明るい兆しが見えてきており、希望を持ちたいと思います。



この機会に当会のステッカーや、漫画による啓発書(anochan漫画)を希望者に配布いたしました。


RIMG0058.jpg

ドキュメンタリー「風力発電の羽根の下で」(0329)

「風力発電の被害を考える会 わかやま」が制作しました、DVD「風力発電の羽根の下で」は以下の2部に分割されて、公開されました。 

1 低周波音高と現在医療 -汐見文隆氏ー




2 風力発電の羽根の下で~和歌山における被害の実態~


風力発電の不都合な真実 武田恵世歯科医師




「風力発電の被害を考える会 わかやま 」2

3月1日の「風力発電の被害を考える会 わかやま」総会に当会から4名参加しました。

総会の後、一般公開でドキュメンタリー「風力発電の羽根の下で」が上映されました。由良町の谷口さん、由良守生さん(由良町議)、海南市の南出さん、松尾さんの4名の被害者の方へのインタビューと汐見文隆医師のお話しで構成されています。

いずれ、youtubeで公開する予定ですが、DVDは1枚500円(カンパ)だそうです。
img20140306_0005.jpg


RIMG0611.jpg


松尾さんは上映後の一言で、「風車被害のため、家庭崩壊という悲劇に至ったが、この事実を世間に訴えるには実名と顔を隠してはその悲惨さが伝わらない。勇気をだした。」と言っておられました。

汐見先生は途中参加され、DVDを鑑賞されました。2月に90歳を迎えられたそうです。

RIMG0620.jpg

関連記事
ドキュメントDVD「風力発電の羽根の下で~和歌山における被害の実態~制作にあたって」

「風力発電の被害を考える会 わかやま」 総会

「風力発電の被害を考える会 わかやま」

3月1日に「考える会」の総会が開かれます。

この総会では、昨秋より「考える会」が制作してきたドキュメンタリー「風車の羽根の下で」が一般公開されることになっています。全国に和歌山県の被害の実情を訴え、多くの人々に被害の実態を理解してもらいたい、風車の建設計画が行われている地域の方々にこのDVDを見てもらって、風車の本当の姿を知ってもらいたいという思いで作られました。

汐見先生は短時間ですが、総会に出席される予定になっており、お会いできるのを楽しみにしています。

また、この総会には、北海学園大学からも参加されますようで、私たちの被害についてもたくさんお話ししたいと思っています。


もし、この総会に参加ご希望される方がいらっしゃいましたら、infrasound@live.jp まで、ご連絡をください。

(管理人2)

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「風力発電の被害を考える会・わかやま」「総会」のお知らせ!

(1)日時:3月1日(土) ○ 総会 13:30~14:10 ○ DVD上映 14:30から

(2)場所:フォルテ・ワジマ((旧)「丸正百貨店」)6階会議室C(60名)和歌山市NPO・ボランティアサロン
     http://www.city.wakayama.wakayama.jp/menu_1/gyousei/npo_volunteer/salon_forte.html
(3)総 会 : 会務報告(活動経過・会計報告、等)
(4)一般公開: 自作ドキュメンタリ-DVDの上映

< 感想・意見の交流 >

(5)その他。 年会費の徴収¥1,000円、等。


※ 本会の設立は、2012年11月18日(日)ですが、和歌山での“風力発電の被害”を多くの方々に知って頂くために、「自作ドキュメンタリ-DVD」を作成してきました。その関係もあり、総会が大幅に遅れたことをお詫び致します。なお、総会当日は、本会の総会の終了後、一般公開「自作ドキュメンタリ-DVDの上映」を予定しています。総会日までに、広報のため報道関係への協力依頼の活動を行います。






         
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター