被害者の声9 エネファーム低周波音による被害

エネファームの被害者の方が貴重な手記をお寄せくださいました。ありがとうございます。
低周波音被害者の方は誰もが一度は、「私だけなのか、私がおかしいのか」と、自問します。各地で同じ機械が設置され、各地で同じような健康被害が起こっていることは、この被害が個人の特質に因るものではなく、機器に因るものであることの証明です。「私一人ではない」と知ることが自信を持って、自分の被害を訴えることに繋がります。皆様の被害状況をお知らせください。

エネファーム低周波音による被害

1

 2013年の夏、隣家の新築と共にエネファームが我が家の建物に向けて設置されました。機器と我が家の建物壁面との距離は僅か60cmです。
 それから1ヶ月ほど経った頃から、24時間鳴り続く音に悩まされはじめました。これが、被害の始まりです。

 屋内で活動している時でも聞こえてくる連続した甲高い音や、低く唸る音、いずれもいつ鳴り止むかわからない耳障りな音です。日常生活における不快感、いらいら等を感じ、特に夜間の連続したこれらエネファームから生じる音に対して、眠っていても、胸から腕の細かい震え、耳の穴の下あたりや顎の違和感、歯の食いしばり、首から背中にかけての筋肉の緊張、腹部の不快を感じることで、目覚めてしまい、それからは寝付けなくなり、また寝付けないまま布団の中で横たわっているうちに、時間が経過することが多くなりました。たとえ眠り続けていたとしても熟睡できていないようで昼間にいらいら、全身倦怠感と睡魔に襲われることがたびたび起こるようになりました。

  また、この音が一時的に鳴り止むと同時に、首から背中にかけての筋肉等の緊張が一気に解けて、通常の体調に戻る感じを何度か体感しました。この音が鳴っている夜間に、玄関から戸外に出ると、胸から腕の細かい震え、耳の穴の下あたりや顎の違和感、首から背中にかけての筋肉の緊張などの不快感は、すぐに症状が失せていく事を感じました。

  エネファームからは色々な音が生じていますが、耳で聞き取れる騒音も含め、身体に現れる症状から、耳で聞き取れない低周波音による身体への影響も疑いました。  複数の診療機関を受診し、うつ状態、不安緊張状態、不眠を患い、病状不安定と診断され、抗不安薬や睡眠薬の投薬を受けました。しかし、夜中に目が覚めると寝付けず深夜にもかかわらず夜道を散歩するなど身体が楽なところへさまよっているうちに朝を迎えることもありました。
  寝室を変えるにも、我が家は築数十年の建物なので、障子で仕切られた間取りでは何処にいても聞こえてきます。さらに低周波音は塀や壁など通り抜けて音や振動が伝わるので、どうしようもありません。薬に頼りつつも枕元で別の物音でごまかしてやり過ごす毎日です。

2

 隣家の方は、当初、機器の設置場所の移設も含めて検討してくださるとされていましたが、ハウスメーカーのD社や機器販売会社のO社と交えながら話し合うなかで、法令遵守、法を侵しておらず正当であると主張され、我が家の敷地と建物壁面との距離が20cmしかないこと(これは前所有者との問題です。これまでの数十年間、隣家は前所有者に一度も指摘せず、黙認されてきました)に言及し、建物を一部取り壊してさらに30cm後退させ、50cm以上離せば検討をする、「うるさい」という主張だけでは応じないと書面等で告げられてしまいました。
 引っ越しを考えるも、日常生活への影響、子供たちの学校生活、行動に移すための費用面など、隣家のエネファーム設置場所ひとつで、こんなにも我が家が不本意にも振り回されてしまうとは、とても受け入れられるようなことではありません。
 D社もO社も機器のカタログ値を持ち出して、機器に異常はないとのことですが、実際には建物の壁面と壁面、互いの軒に囲まれた閉鎖的な空間での反響や増幅は考慮されず、またO社においては自主施工基準を満たしていると通告してくるものの、その内容は防火上とメンテナンス上の考慮だけであり、隣家へ与える迷惑音を考慮したものではなく、とうてい受け入れられる主張ではありません。

 こちらの望む「エネファームの撤去、もしくは影響を及ぼさない場所への移設」の意に反し、隣家とO社の一方的に採られた措置は、こちらの望まない「騒音抑制吸収パットの取付」と「23時から翌6時までの夜間運転停止措置」でした。しかし、吸収パットの経時的劣化によりその効果は薄れてゆきます。また、給湯や床暖房を使用すれば、停止措置とは無関係に機器はフル稼働します。また、冬場の外気温度が3℃以下になると自動凍結防止機能が作動します。根本的な解決は何ひとつ無いのです。

 2015年冬、我が家のエネファームによる被害は、今もなお続いています。エネファームの普及が高まるに連れ、このような被害で苦しむ方々は増え続けているのです。これはたくさんの方々にこの事実を知ってもらい、何としてでも被害の拡大を食い止めなければなりません。その場しのぎのやっつけ対応や、ガイドラインによる推奨レベルの設置基準の策定ではなく、強制執行力のあるレベルの設置基準が策定され、施工時において遵守され、所有者も近隣の人々も安全で安心して過ごせる街を取り戻せるよう、望むばかりです。


被害者の声9(エネファーム) 
被害者の声8(エコキュート低周波音による被害症状 by 高崎裁判原告)
被害者の声7(エコキュート 移設) 
被害者の声6(エコキュート 音から逃れて) 
被害者の声5(工場被害 解決-その後)
被害者の声4(マンションでの被害 音源はコンビニ?)
被害者の声3(エコウィル)    ・被害者の声3 解決-その後
被害者の声2(エネファーム)   
被害者の声1(エコキュート)

被害者の声 7


D社のエコキュート被害にあっています。

 この会社、自社の製品に【責任】というものを一切 持ち合わせていません。そもそも最初から、 わが家の寝室の真ん前真下に設置した時点で、もう【間違い】だらけなのですが。

 前の家が建ってから5年、6年位になりますが、2年位からD社のエコキュートの低周波で眠れない日々を送っていました。
  一度は本当に故障しており、直してもらったのですが、 その一年後にまた騒音に悩まされ始め、直してもらったばかりで、 ”また、苦情を言っては・・・”と、近所トラブルを避けたく、直接D社に連絡を取れば「持ち主から連絡がなければ、こちらからは勝手に動けない」 との一点張り。しぶしぶ 持ち主の方に連絡を取ってもらい、D社に来てもらったのですが、「当社の製品が原因とは言い切れない」 と、まずは1週間。 「稼働を夜から昼に変えてもらい、寝れるようになれば移設も考える」との事。 (当家が騒音で寝れない旨をD社へ訴え始めたのは 事故調査委員会の発表がある前からです。その後間もなくして、事故調査委員会の発表があった上での対応です)

  結果は”寝れるようになった”ので、D社もその因果関係を認め、移設する事にしたのですが、その費用は何故か当家が払う事になりました。 「払わないのであれば、移設はしませんから」と。 移設してもらえず、夜に稼働を戻されば、ここでまた眠れなくなってしまうのは困るので、了解せざるを得ない状態でした。その一言は、”安眠したければ、金を出して買え”と言われている気分でした。
ちなみに移設費用は、おおよそ6万5千円 になるとのこと。 (なるべく、それより安く抑えるようには努力するとのことでしたが・・・)

 また、試験的に 夜から昼へと稼働を変えていただいたのですが、その電気代の差額も 当家が払うことに・・・。
”とりあえず1週間”との約束でした。その1週間については、D社とのやりとりの前に「差額を払うから、稼働時間を変えて貰えないだろうか?」との当家からの提案でもありましたので、仕方ないところもあるのですが。

 どちらの都合なのか? 結果が出てから移設までの時期が2週間ほどズレ、日延べした分の電気代も当家が負担することに。その差額は2万円とのことでした。 当家の電気代の1ヶ月分より高い差額に驚いてます。 夜から昼への稼働の移動で1ヶ月の電気代の差額が2万円。 一体どこがエコなのでしょうか??w

 納得しがたい話に、ただ怒りと涙が出てくるばかりです。D社。 名前など伏せず、はっきり言いたいくらいです。

 本来なら このような理不尽?な対応に対し、弁護士さんに相談するべきなのでしょうが、その費用うんぬんを考えると、素直に払ったほうがいいのかどうか? 悩んでいます。


被害者の声9(エネファーム) 
被害者の声8(エコキュート低周波音による被害症状 by 高崎裁判原告)
被害者の声7(エコキュート 移設) 
被害者の声6(エコキュート 音から逃れて) 
被害者の声5(工場被害 解決-その後)
被害者の声4(マンションでの被害 音源はコンビニ?)
被害者の声3(エコウィル)    ・被害者の声3 解決-その後
被害者の声2(エネファーム)   
被害者の声1(エコキュート)


                                http://nolfn.jimdo.com/  







被害者の声10

今回の神戸相談会にて、相談者の方が趣味の短歌で、お辛い被害状況を詠まれていました。被害者の気持ちをそのまま伝えてくれる短歌です。

2014年 ~
9月18日 胃が痛み 眠りたいのに 耳なりと音とストレス 眠れぬ毎夜

10月8日 ストレスで心と体が悲鳴あげ 静かな夜がほしいと願う

11月7日 耳なりで夜中に目が覚め 短歌詠む 我の越し道 幸せありてか

11月9日 耳なりが 被る布団を追いかけて 我を寝かさず 夜更けに悶悶

11月9日 ぐっすりと眠ってみたし 一度でも 心と体悲鳴をあげて

11月9日 追いかける耳なり 我を追いかける うらの家から恐怖の騒音

11月18日 笑いじわ 出来てもいいわ 心から笑って暮せる明日が来るなら


2015年 ~
1月9日 エコキュート キュートじゃないよ 迷わくな 心身ともにつかれはてたり

1月9日 眠れぬ夜 今日で幾日三百日 静かな夜を誰か返して

1月9日 悪い事 何かしたのか ひどい目に 替って寝てよ 一夜だけでも

1月10日 いろいろと 知らず解らず お手上げの 私に友の応援ありて 

1月10日 投函の 返事もなしに 十日たち 何を思うや 不誠実なり

1月10日 ホテルでも  どこでも逃げる所あれば行きたし 金なし知恵なし身には

1月12日 苦しまず 楽になる事 出来るなら それも良しかと思う 夜更けに

1月12日 一人では 無理な戦い しんどさに 心も狂い出しそう

1月12日 一筋の光も見えぬ暗やみに 迷い込んだか我の行く道

                     
 
被害解消されて嬉しい喜びの短歌が詠める日が、一刻も早く来ますことを心から願い、
今後とも、引き続き応援していきたいと思っております。





被害者の声6

 エコキュートによる低周波音に苦しむRKさんから、手記「音から逃れる日々」が届きました。RKさんは2013年、次のようにお書きになっています。そして、現在も隣家エコキュートによる低周波音で苦しい毎日が続いています。


http://infralowfreq.blog.eonet.jp/teishuuha/2013/06/post-8835.html より

 「私ども夫婦と娘一家4人は低周波音難民です。 2012年5月24日に隣家がエコキュートを設置しました。そして我が家に健康被害がやって来ました。ヒートポンプと貯湯タンクから低周波音が出て、私、娘、孫二人が辛い思いをしています。

  症状として、両耳(内耳、外耳)から耳下肩までの腫れ、吐き気、頭痛、耳の後ろの骨にも痛みが走るのです。夜も何度も目がさめます。57kgあった私の体重も50kgになりました。機械の稼働時は体ごと低周波音を浴び、胸がしめつけられ、呼吸もおかしくなります。 自宅におれず娘一家は市内のマンションに転宅しました。

  私どもはこの地に50年住んでいます。隣は前の持ち主が手放された後、2軒細長い住宅がたちました。26年お互い様の付き合いをしていました。エコキュートを移動してほしいと話合いもしましたが、一方的に話合いを打ち切られました。 兵庫県弁護士会の和解斡旋も申請しましたが、隣は話合いにも出席しませんでした。

  国の消費者庁の消費者安全調査委員会がこのエコキュート被害問題で昨年(2012年)10月から動きだしました。被害は全国に広がっています。こんな理不尽なもらい公害に苦しんでいます。」

  

音から逃れる日々

隣家のエコキュートは2012年5月に取り付けられました。

我が家族の健康被害の始まりの日でした。それから、ずっとです。エコキュートの低周波音で苦しく、辛い毎日を送っています。

この日から猫も鳥も庭から姿を消しました。

今年10月21日15時から18時の間に隣家には工事の人が3、4人来ていました。
「何をするのですか」と聞くと、エコキュートが古くなったので、部品を交換するという答えでした。

10月末には再び猫が来るし、メジロもやってくる様になりました。12月になると、猫の落し物も掃除しなければならなくなりました。古くなった部品を取り換えた工事と何か関係があるのでしょうか。

でも、私の耳には今でも町工場みたいな音が不定期に辛く伝わってきます。ウォーンと風圧と共に頭が痛くなります。部屋が揺れています。
そのまま家の中にいると耳が詰まっていきます。

外に出るしかありません。来る日も来る日も不定期稼働のエコキュートから逃れる日々です。
・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

追記 2015年2月7日

暫くの間、庭を訪れるメジロが心を癒してくれてましたが、12月末にはトリもネコも我が家には再び姿を見せることはなくなりました。エコキュートの稼働は寒くなると強くなるばかり・・・・。ネコは我が家の間にくると走って逃げる、毎日です。








工場被害 解決-その後 3

 3

 当方の低周波音被害は、当家が“元の静穏”を取り戻すことによって、解消されましたが、その“失われた(奪われた)静穏”を取り戻すことが容易ではなく、当初望まなかった「裁判」まで起こす羽目となり、重い心理的負担と、裁判費用等の経済的負担も免れませんでした。それでも、「隣が工場」という環境までは変えることは出来ませんでした。そのような意味では、この裁判が「原告の勝訴的和解」とされてはいても、むしろ、「勝利的」なのは、裁判で訴えられても、自身のニーズに合った場所に工場進出を果たした「事業者」ではないかとさえ思います。

 

私は、被害に遭うことにより、この国の「条例」「法律」は、企業の営業活動を妨げないようにと基準が緩く、或は、法整備もしない(例、低周波音)など、“企業に有利”に出来ているとしか思えない現状に驚きました。そして、住民を顧みない企業が、法の網目をかいくぐり、工場、商業施設等での進出を果たすことで住環境が侵害されても、「法に触れなければ問題ない」と、住民を理不尽な立場へと追いやることも知りました。住民がそこから救われるのは至難の業です。

経済優先、企業優先の世の中にあって、企業がもたらす税収の前には、個人の人権などは塵に等しいのでしょうか。国民ひとりひとりの人権を尊重することなく、国の発展があるとは思えません。

 

 

当方の低周波音被害を「否定」しようとする勢力に対し、「何とか力になりたい」と心を寄せて下さる人々の存在がありました。有効な助言を頂いた友人知人、心ある医師、そして、快く「裁判」での弁護を引き受け、「解決」にご尽力頂いたI弁護士。このような災難に遭ったことは「不運」だと思っていましたが、その方々との出会いが解決に結びつく重要な転機となり、「不運」の中にも「幸運」があったことを今改めて思います。

 

当方の、4年余りにわたる工場による低周波音被害は、裁判での「和解」で解決となりましたが、その道のりで得た様々な教訓は、しっかりと胸に刻みたいと思います。

 

未だ被害の渦中におられる皆様に於かれましては、一日も早く低周波音被害から解放されますことを心より願っております。

(埼玉県入間市在住M.M



戻る 続く


 
http://nolfn.jimdo.com/ 

                   

 

工場被害 和解ーその後 2


 

音源移設の和解内容は、当方の要望通りとなりましたが、相手方から、移設工事に掛かる費用の一部を負担して欲しいとの要求がありました。

内容は、集塵機の移設費用は全額相手方が持ち、コンプレッサーは「半額」を当方が負担。その他、機器2台を納める建屋の建築費用で、コンプレッサー追加の差額分も「半額」を負担して欲しいというものです。当方の負担額の合計は、何と「44万5千円」でした。

裁判にまで至った今までの経緯を考えると、その「要求」は、実に納得の行かないものでした。当方は、工場の隣に先住し、普通に生活を営んでいただけで“何の落ち度もない”はずです。しかも、突然の工場開設で4年もの間「平穏な生活」を侵害され続けました。「住民」対「企業」の紛争で、被害を与えた企業が、それを回復させるために、住民に費用負担を求めるという「感覚」が信じられませんでした。

 

「費用負担」に納得出来ずに「和解」を蹴って「控訴」という選択もありましたが、これ以上、裁判に時間とエネルギーを費やしたくないとの思いと、一刻も早く「低周波音被害」から脱出したかったので、代理人の説得もあり、この「和解」を受け入れることに決めました。

 

平成25年3月19日、提訴から1年3か月を経て「和解」が成立しました。隣地での工場開設から、間もなく4年の月日が経とうとしていました。

「和解条項」にある音源移設工事は、和解成立日から3か月余り後の、同年6月末に実施され、その結果、当方の低周波音による様々な症状は消え去りました。今まで、工場の稼働中は、低周波音をマスキングするための、音楽やテレビの音が不可欠でしたが、それらの音が無くても過ごせるようになり、何とか「住める家」に戻ったことには、とても安堵しています。ただし、被害を受ける以前よりも、巷にあふれる「低周波音」を敏感に察知するようになったことも事実です。

 

工場内部には、ベルトコンベアーなどの機械が存在しており、当家西側の窓辺に寄ると、多少の雑音は聞こえますが、それは、「隣が工場になった」という事実がある以上、“仕方がない”としか言いようがありません。

 

また、何の説明もなされずに、隣に工場を造られるということは、住民は、騒音(低周波音)問題の他にも、様々な不安要素を抱えることになります。たとえ工場が行政に後付けで認可されたとしても、安全性に対する不安も捨て切れず、民家の至近距離(当方敷地境界から1メートル)という立地で営むべき工場かどうかは、今もって疑問に思います。


カウンター

プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -