高崎市広報 「広報高崎」

広報高崎  

2015815日発行の「広報高崎」p6に低周波音についての注意喚起が掲載されました(黒枠は管理人)。


 当会メンバーの高崎エコキュート裁判原告、清水夫妻は自身の問題解決後も低周波音被害未然防止のために尽力しております。地元、高崎市では、それが実を結び、市広報で低周波音の注意喚起が行われました。これまでも高崎市HPで注意喚起は掲載されていましたが、「市広報」という紙媒体で、より多くの市民の目に触れることが期待されます。

 当会に寄せられる相談の中には、住宅施工会社の横暴というような、目に余るものがたびたび見受けられます。近隣の環境を確認せずに土地の形状だけで設計を行ったかのように、隣家寝室から1mほどの場所に機器設置を行ったり、また隣家居室直近に多数機器を並べたり、ということが起こっています。まさに隣家住民にとっては「迷惑そのもの」「ありえない機器設置」で近隣住民への配慮は皆無だったと思われます。

 また、新築時だけではなく、既築住宅の場合でも、いつのまにか古い給湯器のあった場所に新しいエコ給湯器が置き換わっていることがあります。従来器によるお湯を使う時間だけの稼働であれば、何ら問題がなくとも、深夜に長時間(あるいは一日中)稼働するエコ給湯器では、その稼働音が隣家の平穏な生活を一変させることになります。

 

生活騒音については多くの自治体で、「給湯器・エアコン等は隣家からできるだけ離すように」「早朝・夜間は使用しないように」等、注意喚起が行われていますが、それをまったく無視するような行為が横行しています。そのために生じた健康被害に苦しむ隣人に対し、所有者は「知らぬ存ぜぬ」で、事業者は「所有者の意向」として積極的に被害に関わろうとせず、被害者は裁判を選択するしかない状況に追い込まれます。「知らないうちに低周波音の加害者」となりながら、それを指摘されても迷惑をかけたと謝るどころか「そんな被害など事実無根。生活音はお互い様。」と言って被害者をクレーマーと罵る所有者も多いようです。

 低周波音被害についての知識が市民の常識となれば、近隣への迷惑にならないように配慮が求められるようになり、また被害が発生した場合でも、所有者の多くは速やかに対策を取ろうとするのではないかと思われます。

 残念ながら、低周波音に関する法規制はなく、法の整備には時間がかかるため、市民自身が正しい情報を持ち、低周波音を警戒する姿勢を示すことが、事業者に意識の改革をもたらす一つの手段となると思います。


 低周波音被害は、「特殊な」、「敏感な」人々だけの問題ではありません。花粉に長年さらされることにより、花粉症を発症していくように、長時間、低周波音に曝されることで低周波音に過敏になり、健康症状が現れるようです。2030年には全世帯の9割にエコ給湯器が導入されることになっていますが、これからの住環境を守るためにも、低周波音への社会的関心が広まることを願っています。


関連記事  
http://blog.livedoor.jp/egowill/archives/46116738.html






スポンサーサイト

所沢の夫婦「エコキュートで健康被害」 製造業者らを提訴 - 産経ニュース

   8月18日に、所沢市のエコキュートによる低周波音被害者が提訴しました。
 毎日新聞記事では、「消費者庁が昨年12月、エコキュートの運転音に関し、群馬県内の夫婦の健康被害の原因になった可能性が高いとする報告書を公表した後、同様被害での提訴は初めて。」とあります。多くの被害者は、この調査報告書で事業者や所有者の意識が変わり、被害への理解が深まることを期待しておりましたが、残念なことに、各地の被害者にはまだまだ解決の道は遠く、厳しいものです。

所沢市の被害者様

 所有者の無理解により交渉が難航して、提訴に至ったのでしょうか。提訴を決断するまでのご心中お察しいたします。
 私たちの仲間も調停に半年以上かけながら不成立に終わり、相手方の不誠実な態度に苦しみました。そして煩悶の日々を経て、提訴を決断しました。もうすぐ初回期日を迎えます。以前の平穏な生活を取り戻すために気力を奮い立たせています。
 各地の低周波音被害者があなた様を心から応援していることをお伝えします。

 以下、新聞4紙から提訴についてまとめました。
所沢裁判

産経新聞

所沢の夫婦「エコキュートで健康被害」 製造業者らを提訴 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/region/news/150819/rgn1508190022-n1.html
https://drive.google.com/file/d/0B4ZNZzqWw8S4WHBtYVY0aUQ0ZzQ/view
 隣家に設置されたヒートポンプ式給湯器「エコキュート」が発する低周波音によって、不眠や吐き気などの健康被害を受けているとして、所沢市の60代の夫妻が18日、隣家の給湯器使用差し止めと給湯器製造業者らに約180万円の損害賠償などを求めて、さいたま地裁川越支部に提訴した。
 訴状によると、原告の隣家住人が平成26年12月中旬、自宅新築と同時に給湯器を設置。原告らは27年1月下旬から、給湯器の運転音により睡眠が妨げられ、頭痛や吐き気などの症状が出るようになったとしている。症状は現在も続いているという。
 原告代理人は「今回の訴訟をきっかけに、日本でもヨーロッパ諸国並みの低周波音に対する規制が設けられてほしい」と話した。給湯器製造業者は「訴状の確認ができていないので、コメントは差し控える」としている。

毎日新聞
 20150819日 地方版

提訴:「エコキュートで健康被害」 所沢の夫婦、メーカーなど /埼玉

http://mainichi.jp/area/saitama/news/20150819ddlk11040152000c.html
https://drive.google.com/file/d/0B4ZNZzqWw8S4cVhaWkkwaTlZRTQ/view

 隣家に設置された家庭用電気給湯器「エコキュート」の低周波音で不眠などの健康被害を受けたとして、所沢市に住む60代の無職夫婦が18日、メーカーの「パナソニック」と工事を施工した「桧家住宅」、隣家の住人を相手取り、約185万円の損害賠償や使用差し止めなどを求め、さいたま地裁川越支部に提訴した。

 原告側弁護士によると、消費者庁が昨年12月、エコキュートの運転音に関し、群馬県内の夫婦の健康被害の原因になった可能性が高いとする報告書を公表した後、同様被害での提訴は初めて。

 訴状によると、エコキュートは昨年12月に設置され、原告夫婦は今年1月ごろから不眠状態やうつ症状、吐き気などが続いているとしている。原告と被告の家は共に一戸建てで、エコキュートの室外機は、原告宅の寝室から約2メートルほどのところに設置されていた。

 パナソニックは「訴状を確認していないのでコメントを控えたい」、桧家住宅も「訴状の内容を把握してから対応を考えたい」とコメントした。

 エコキュートは、大気中の熱を集めて、お湯を沸かす家庭用ヒートポンプ式給湯機の愛称。電力各社と住宅関連メーカーが普及を図っている。【木村敦彦】


東京新聞
2015819

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20150819/CK2015081902000204.html

https://drive.google.com/file/d/0B4ZNZzqWw8S4eUdkV1lhczRRaVE/view
給湯器の音で健康被害 メーカーなどを損賠提訴

  隣家に設置されたヒートポンプ式給湯器「エコキュート」の運転音で頭痛や不眠などの健康被害を受けたとして、所沢市に住む六十代の夫婦が十八日、給湯器メーカーと住宅メーカーに損害賠償などを求める訴訟をさいたま地裁川越支部に起こした。

 エコキュートは空気中の熱を利用する給湯器で、割安な夜間電力を使用することで電気代を節約できるのが特徴。複数のメーカーが製造しており、全国で普及が進んでいる。一方、機器の発する運転音が原因で健康被害を受けたとする訴訟が各地で相次いでいる。群馬県高崎市の男性が隣家のエコキュートの使用停止などを求めた訴訟では、二〇一三年に機器を撤去することなどで和解が成立した。

 この男性と妻は頭痛や不眠の症状を訴えており、消費者安全調査委員会(消費者事故調)は二人の申し出を受け、エコキュートの影響を調査。昨年十二月に公表した報告書では、運転音に含まれる低周波音が症状発生に関与した可能性がある、と指摘した。

 所沢の夫婦の訴状などによると、に自宅の隣にエコキュートを備えた新築住宅が完成。翌年1月から夜間にエコキュートの室外機が発する低周波音で不眠や頭痛などの症状が出た。

 給湯器メーカーについては「(健康被害を防ぐ設置方法など)具体的な指示、警告を行っていない」、隣家を建てた住宅メーカーについては「原告と協議せずに設置した」などと主張。両社に対し計約百八十四万円と判決確定まで一人当たり一日四千円の損害賠償を、隣家に対しては使用停止を求めている。


埼玉新聞
2015年8月19日
http://www.saitama-np.co.jp/news/2015/08/19/02.html

https://drive.google.com/file/d/0B4ZNZzqWw8S4UlQtYndMVUc2Mms/view
エコキュートで不眠 所沢の夫婦、製造業者と隣人を提訴

 ヒートポンプ式給湯器「エコキュート」から発生した低周波音で不眠や頭痛などの健康被害を受けたとして、所沢市の60代夫婦が18日、製造業者のパナソニックなどを相手取り、慰謝料など総額184万8千円の支払いを求めてさいたま地裁川越支部に提訴した。判決が確定するまで、1人当たり1日4千円を加算して損害金を請求し、隣人にエコキュートの運転差し止めを求めた。
パナソニックは「訴状の確認ができていないので、コメントは控えます」としている。

 訴状などによると、エコキュートから原告の自宅寝室までの距離は約2メートル。原告は今年1月20日ごろから低周波音を感知し、運転音により慢性的な不眠や頭痛などの健康被害が続いているとしている。

 代理人の井坂和広弁護士は「エコキュートの低周波音をめぐる健康被害は日本各地に散在する問題。単なる個人の問題では終わらせないよう、問題解決に向けたステップにしていきたい」と述べた。
  エコキュートは外気熱を利用して湯を沸かす家庭用ヒートポンプ給湯器の愛称。省エネ効果が高く、累計出荷台数は昨年400万台に達した。電気料金の安い夜間に稼働するため、健康被害を訴えるケースが全国で相次いでいる。2009年に前橋地裁高崎支部を皮切りに、各地で同様の訴訟が行われている。

 

YSRGの資料1

概要
音楽によって癒されるとはどういうことかを科学的に検証します。①「癒し音楽」は脳波にどんな影響を与すか。→α波(リラックスした時に出る脳波が増加した)②オシロスコープ(体温測定器)で手の温度を測ると癒し音楽を聞くと体温が上昇し、リラックスしていくのがよく分かる。
出演者名・所属機関名および協力機関名
貫 行子(バイオミュージック研究所、所長),花房 千恵美(個人),バイオミュージック研究所、所長


①を低周波音に置き換えると・・・
②は低周波音を聞くとほとんどの被害者は真逆の結果になりますね。

* 制作年度:2001年 のようです。14年も前のものです。
低周波音での研究は為されているはずです。
  
http://sciencechannel.jst.go.jp/B012801/detail/B012801002.html

公調委機関誌「ちょうせい」第82号(平成27年8月)より

http://www.soumu.go.jp/main_content/000372466.pdf

都道府県公害審査会の動き

1.受付事件

       東京都
        東京都平成27年(調)第2号事件
        家庭用ヒートポンプ給湯器からの騒音・低周波音被害防止請求事件
       平成27.5.12   

2.終結事件

新潟県

平成26年2月25日 受付  平成26年(調)第1号事件
申請人は、隣接する被申請人両名宅の敷地内に設置されたヒートポンプ式温水暖房機の室外ユニット2台から発生する騒音(低周波音を含む)により、不眠状態、耳鳴りに悩まされるなど、肉体的・精神的に疲弊した状態である。よって、被申請人らは、申請人に対して、上記騒音を低減又は防音するために室外ユニットの設置位置を変更するなどの適切な措置をとること。

平成27年6月15日 調停成立
調停委員会は、6回の調停期日の開催等手続を進めた結果、①被申請人らは、平成27年7月末日までに、被申請人両名宅の敷地内に設置されているヒートポンプ式温水暖房機の室外機2台及び循環ポンプユニット1台の計3台を、別紙配置図の位置に移設することとする。なお、その費用は、被申請人らの負担とする、②被申請人両名は、換気扇を今後も「弱」運転で使用することを原則とする、③申請人は、上記の機器及びヒートポンプ式給湯器から発生する音(低周波音を含む)及び振動について、今後、被申請人らに苦情を申し立てないものとし、これら機器等の移設を求めないものとする、④申請人及び被申請人らは、本件について、本調停条項に定めるほか、何らの債権債務関係が存在しないことを相互に確認する、⑤本件調停手続に要した費用は、当事者各自の負担とする等を内容とする調停委員会の提示した調停案を当事者双方が受諾し、本件は終結した。


                       関連記事   http://blog.livedoor.jp/egowill/archives/45936847.html



         
カウンター

プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -