わかやま新報 「低周波音被害を考える 弁護士会がシンポ」

  2017年2月15日に行われたシンポジウムについて「わかやま新報」に掲載されました。以下、引用です。

 wakayamasinnpou1.png


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わかやま新報

「低周波音被害を考える 弁護士会がシンポ

「電気機器などから発生する低周波音と健康の関係について考えるシンポジウムが15日、和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で開かれ、約80人が講演やパネルディスカッションに耳を傾け、理解を深めた。

和歌山弁護士会(藤井幹雄会長)が主催。低周波音が健康に与える影響について、多くの人に知ってもらおうと企画した。

低周波音は、おおむね周波数が100Hz以下の音波。近年、風力発電施設をはじめ、空調室外機や給湯機器などからの低周波音による不眠や頭痛などの健康被害を訴える人が増えており、注目されつつある。

基調講演では、京都大学の小林芳正名誉教授が、低周波音が人体に与える影響について、物理学の研究成果などを紹介。小林名誉教授は低周波音について、「防ぐのが難しく、低周波音を下げるには、(対象物から)遠くに離れるしかない」と強調。人体にとっての低周波音の有害性については、公害研究で知られる故汐見文隆氏の学説「日本人は言語音をつかさどる左脳に偏って低周波音を受け取りがちで、それが自律神経中枢の変調につながる」を紹介した。

シンポジウムでは、低周波音による健康被害の問題に詳しい弁護士やNPO法人代表らが「低周波音被害の実態とその救済」と題して議論。大阪弁護士会所属の岸秀行弁護士は法科大学院生時代に自宅の寝室から約1㍍の位置に自然冷媒ヒートポンプ給湯機が設置されたことで、毎晩自動車のアイドリング音に似た音が聞こえるようになり、不眠症に陥った経験を告白。調停を通じて移設を実現させた岸弁護士の活動について、同弁護士会所属の山本浩貴弁護士は「相手方に落ち度があるのではと疑い、早い段階から動いたことが良かった」と話し、被害発生から対応開始に至るまでの早さを評価した。山本弁護士は、低周波音の被害を訴える機関として、公害審査会(和歌山の場合は公害紛争処理制度)を挙げ、「この問題に対する関心の高まりを感じている」と語った。

NPO法人STOP低周波音被害の今﨑廣美会長は、平成22年ごろから隣家に家庭用燃料電池システムが設置されて以来、自宅に戻れない日々が続いていることを告白。不眠や吐き気などに悩まされ、2カ月半の間に体重が7㌔減ったと話した他、家族崩壊の危機にも直面したと語った。

今﨑会長は相談先の自治体などで十分な対応を受けられなかったことにふれ、「なかなか相手にされず、因果関係を証明するのに苦労した。団体には悲惨な相談が相次いでいる。この問題にもっと関心を持っていただきたい」と呼び掛けた。

風力発電の被害を考える会・わかやまの松浦攸吉世話人代表は、県内における風力発電の被害とその対策について報告。風力発電の被害について「地域住民が認識して対処法を取らないといけない」と住民の主体的な活動の必要性に言及し、被害状況を示したDVD作成などの活動を紹介した。低周波音による健康への被害について、松浦世話人代表は「(幸福追求権などを定めた)憲法13条や(生存権を保障した)同25条に抵触し、人権を侵害している」と強調。人権問題として捉え行動することの重要性を強調した。」

意見を交わすパネリストたち

意見を交わすパネリストたち

スポンサーサイト

朝日新聞記事「シンポジウム 低周波音問題を考える」より


「低周波音 苦しみ知って」

 2017年2月15日、和歌山弁護士会主催の「低周波音問題を考える」というシンポジウムが開かれました。朝日新聞和歌山版で報道されました。当会からもパネリストとして参加いたしました。

朝日2月17日和歌山





エコキュート被害 A様へ

 エコキュート被害に苦しむ方A様から、非公開で連絡先未記入でブログコメントをいただきました。消費者センターに電話しても、市役所に連絡するように言われ、市役所に電話すると、個人で解決するように言われたそうです。事故調報告書が出たあとも、このような対応であることにがっかりします。でも、まだまだ多くの方が同じような対応をされているのでしょうね。各地にいらっしゃるたくさんのA様にお伝えしたいと思いますので、ブログ記事で、返信させていただきます。 (I)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A様

 当会にご連絡頂きましてありがとうございます。
消費者庁から報告書が公表(平成26年12月)されてから2年が過ぎました。その後何度もフォローアップがされているのに、まだこのような状態であるとのこと、失望する思いです。おそらく、あなた様だけの問題では無いと思われます。当会に寄せられたこの声を、当会から是非消費者事故調へ届けさせて頂きたいと思います。よろしいでしょうか。もちろん、お名前や居住地名は出しません。
 建築業者・隣家・消費者センター・市役所と、当会としてもお勧めしております所へは全てお話をしていらっしゃいますので、次の段階として、市議さんにご相談を、とお勧め致します。

 昨年11月に公明党がヒートポンプ低周波音による健康被害の対策向上に係わる意見書を作成し、昨年より各地の議会で審議されており、国に意見書が提出されています。
 
  ★意見書について
    http://stopteishuuhaon.blog.fc2.com/blog-entry-219.html

 また、群馬県高崎市議さんのお二人が窓口になって、お住まいの自治体の公明党議員さんを紹介して頂くことも可能ですが、いかがでしょうか。自治体の対応も少しは変わるのではないかと期待できます。こちらにメールアドレスを記しておきますので、直接ご連絡していただいたらと思います。その際は、お名前、ご住所、電話番号の記載のほどお願いいたします。

        高崎市議会議員  丸山さとる様  小野さとこ様   

 それにしても、失望の気持ちはさておき、「法には触れていない。弁護士をたてるぞ」ですか。この事は低周波音問題に法律が無い弱みを端的に示していますね。考えようによっては、示唆に富んだお言葉です。

 エコキュート被害者様、どうか希望を持って下さいね。お身体をお大事に。被害状況など、詳しくお聞きしたいと思いますので、ご連絡をお待ちしております。 アンケートもよろしくお願いします。 (S)

         
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター