矢面に立つのはあなた? それともメーカー? 被害者と一緒に交渉していただけないでしょうか。


どちらを選ばれますか。」エコ機器所有者様へ

 これは、エコキュート高崎裁判原告で、当会メンバーのSMさんの最新のブログ記事です。SMさんは、公調委調停の取り下げ後、裁判で和解に至り、隣家エコキュートの撤去と電気温水器への交換にこぎつけて、4年半の闘いに終止符を打つことができました。そして、その後もこの被害の未然防止と被害の救済に向けて、熱心に取り組んでいらっしゃいます。この記事からアイディアをいただいて、当ブログでも、エコキュートの所有者の方へのメッセージを書きたいと思います。

★★★


「お宅のエコキュートで、眠れなくなりました。」「体調が悪くなって、困っています。」と、お隣の方から苦情を言われている所有者の方へ


「エコ」だから、電気代も節約できるから、と高価な機械を買ったのに、隣家からまさかと思うような事を言われ、所有者の方も驚かれるかと思います。低周波音って何だろうと、ネット検索してみて、はじめてその存在に気付くかもしれません。

 

「この機械は全然うるさくはないし、これで眠られないなんて信じられない」というのが本心でしょう。一方、「隣家が求める機械の移設には、いくらくらい、費用がかかるのかしら。誰が負担するの?」という、疑問も沸いてくるでしょう。それで、メーカーに問い合わせてみると、「それは生活騒音ですよ。お互い様です。気にする必要はありません。」という回答があり、「やっぱりそうなんだ。お隣が神経質なんだわ。」と納得してしまっているのではないでしょうか。

 

そのせいか、機器所有者の多くは、苦情を訴える隣家に次のように対応するようです。

「国が推進している機械ですよ。法律には違反していません。」「こんな小さな音で、うるさいと言われても困ります。他に原因があるのではないですか。」

そして、次第に近隣関係が泥沼化していき、最悪、裁判という事態に至ってしまいます。

所有者の皆様、どうぞ、メーカーではなく、消費者センターや消費者庁消費者安全調査委員会に聞いてみてください。でも、消費者センターの窓口も熟知していないこともありますので、消費者庁の
家庭用ヒートポンプ給湯機に関する相談対応について(依頼)をご覧になった方がよいかもしれません。

この資料2p1には次のように記されています。

ヒートポンプ給湯機(エコキュート)の運転音が申出者の健康症状の発生に関与していると考えられ、運転音に含まれる低周波音については、申出者の健康症状の発生に関与している可能性があると考えられると結論づけています。低周波音固有の人体への影響の有無及びそのメカニズムには不明な点もありますが、 ヒートポンプ給湯機の設置者は、健康症状の可能性について理解し、低減する努力が求められます。”


また、資料2p8には、移設費用について、メーカーが負担した例を挙げています。

所有者は隣人の被害軽減のために移設することにしたが、設置業者から移設費用の負担を求められた。これに対してセンターは「設置業者が『この位置で大丈夫』と言ったのであれば、それを材料に交渉すべき」旨を助言し、所有者が設置業者と再交渉した結果、所有者の費用負担は不要となった。”

 

 メーカーはひた隠しにしたいでしょうが、メーカーの錦の御旗である「参照値」以下でも、メーカーが負担して、機械を撤去し、より安全な従来型の給湯器に交換もしている例もあります。

 

★★★

 エコキュートの被害はメーカーが言うように、単なる生活騒音ではありません。エコキュートの低周波音は、耳にはうるさくなくとも、健康被害を起こす可能性があるとされています。

 

 それでも、自分に都合よいメーカーの話を鵜呑みにして、隣家の被害に耳を貸さず、トラブルを解消しようとしないのですか。隣家が被害に耐えかねて、避難暮らしをしても、見て見ぬふりをなさるのですか。
 どうぞ隣人の苦しみを想像してください。隣人は、どのようにあなたに自分の苦しみを伝えたらよいのか、悩みながら、勇気を出して、お願いしているのです。機器を所有するあなたが行動をしなければ、隣家は自宅に住めず、避難するしかないのです。あるいは、避難できずに、苦しみもだえる夜を過ごすのです。

そんなトラブルを引き起こすメーカーこそ、あなたは腹をたてる相手ではないでしょうか。

トラブルの危険性がありながら、なぜ、隣家の寝室の直近に安易に機械をメーカーは設置したのでしょう。
日常的に顔を合わせるお隣と、不穏な関係になったのはなぜでしょう。誰だって、隣近所とはいさかいを起こしたくありませんし、まして恨みを買うなんて、まっぴらごめんです。

あなたは、苦情を言ってくる隣家をクレーマーとする前に、メーカーにトラブルの責任を追及するべきではありませんか。
メーカーは売ってしまえば終わり。痛くもかゆくもありません。なぜ、無責任なメーカーの後始末に私たち市民が煩わされて、いがみ合わなければならないのでしょう。お隣の苦しみを理解し、お隣と一緒にメーカーと交渉することはできないでしょうか。

★★★


スポンサーサイト

雑感1


 気がつくと、早朝の蝉時雨が消えてしまっていました。クマゼミのシャンシャンの声が激減し、ミンミンゼミの暑苦しい声もほんの時折、聞こえる程度です。

午後からのアブラゼミも元気なく、ヒグラシの声も、そういえば、この暫く聞いていません。また、ツクツクボウシの特徴的な声を今年は聞かなかったなと思っていると、いきなり、すぐ近くで鳴き始めて昨日はびっくりしました。

管理人の現在の避難先は、40年以上前に開発されたニュータウンの駅近URですが、駅の前に広大な公園があり、豊かな緑が残されています。そのせいか、UR内の樹木にも蝉が多く、昆虫苦手な管理人には夏が苦痛の季節でもあり、毎年、夏の始まりから、秋の訪れを心待ちにしています。

 

 低周波音被害に関していうと、夏はエコキュート被害者にとっての1時休止期ともいえ、症状が軽くなるので、相談は、現在、避難中の方々からだけとなり、そのため、深刻な相談ばかりが相次ぎます。

 

 すでにブログで紹介しました「耐えきれず避難した」様のほか、4軒の方がエコキュート被害で避難生活を送っています。いつになったら、平穏な生活を取り戻せるのか、いつまで二重生活が続くのか、という不安と、不便な生活に苦しんでいらっしゃいます。

 この4件は、消費者庁消費者安全調査委員会(事故調)から報告書が公表された後に発生したものです。据え付けガイドブックに沿わない、杜撰な設置が行われてしまったからで、それで発生した被害でありながら、ひとたび被害が発生すれば、その解決は困難で、結局、避難を選択することになってしまいます。

 もちろん、表面には現れはしませんが、エコキュートの所有者が被害に対し、誠実に対応して、被害が解消した例も多くあるかもしれません。


 しかし、当会に寄せられる相談から判断すると、事故調報告書も、その後、各方面に出された通達も解決には何の役にも立たず、被害未然防止にもなっていません。

 事故調は2年間の調査を行い、その後のフォローアップにも税金を投じているはずです。でも、当会では、その効力を感じることはまったくなく、却って被害者にとって事態は後退しているともさえ感じる事態もあります。
   事故調は、現在の状況をしっかりと把握しているのでしょうか。

 

 エネファームに関しても、事故調の調査結果が公表される時期が近づいていますが、エコキュートと同様、結果は期待外れに終わってしまうだろうと、公害問題の困難さを噛み締めています。





被害者の声 24 (アンケートより)

2017630日現在、アンケート回答数は  290件です。 アンケートはこちらです。
      

290   2017/6/30 10:08         エコキュート         

区の相談、消費者センター等に相談するも、個人的な事の為、裏の方と相談して下さい。との返事。法律相談も解決できない場合は民事と返答される。

 

289   2017/6/7 15:14            エコキュート エネファーム     

まずは一報。発症から一か月が経過しなんとか体力をもどしつつあり。

ここから今後、自治体、当事者への苦情。周波数測定、関係機関への報告等できることを。その時は改めて報告します。 

 

288   2017/5/30 14:35         エコキュート           

5ヶ月前、隣家に新築が建ち、隣家と隣接する民家は我が家だけです。隣家との接地面は2㎡で、そこにエコキュートを設置されました。隣人トラブルになり、隣人がHMに相談し、現在もHMと我が家で交渉しています。

市役所は、「市を通すより直接言われたいでしょ?」との対応でした。匿名でも苦情の届け出は出来ますか? 静音設定がありますか? 音が煩い冬に測定して頂いた方が、解決に向かいそうですか? 全ての原因は、HMが設置距離を無視して設置した、知識の無さだと思います。実際に被害に遭わなければ理解してもらえないのでしょうか。

隣人も騒音問題の被害者になりました。時間、労力を使って挫けそうです。法律とか問題の規模が大き過ぎて…。 

 

287   2017/5/29 22:52          エコキュート エネファーム エアコン      

隣家が建設され、エネファームが設置されてから、夜に周囲が静かになった時間から朝方まで、振動音のような音が断続的に聞こえてきて、すぐに目が覚めてしまいます。壁も若干振動しているような感じがする時もあります。低周波騒音・振動の原因がエネファームかどうか騒音・振動の測定で特定できないかと思います。

また、行政はどこへ相談をすれば良いのか教えていただければありがたいです。 

 

286   2017/5/29 21:28         エコキュート           

家にいたくない。持ち家なのにこれからどうやって生きていけばいいのかわからない。

毎日憂鬱でうつ病のようになってしまい、死にたいと考えるようになってしまった。低周波のせいで自分の人生が無茶苦茶になった。隣のエコキュートがなくなったからといって、また他のお宅が設置したらと思うと不安でたまらない。なぜこんな目に遭わなくてはならないのか。

自治体に行っても測定機もない、何も解決しない。設置ガイドラインも守られていない。

一刻も早く、被害者を救ってください。もう頭がおかしくなりそうです。 

 

285   2017/5/21 3:13            ブロワーポンプ 工場 その他            

低周波音かどうか不明なのですが、高齢の両親には聞こえない一定周期のかすかな音が家のどこの部屋にいても24時間、常に聞こえてきます。はじめは遠くのほうから聞こえてきている音だと思っていたのですが、自分で調べてみると隣接されている工場のキュービクル変圧器付近から聞こえてくることがわかりました。この設備があることは全く知らなかったのですが、音がするようになってから初めて知りました。頭の中で鳴り響く音で眠れないため、夜間22時ころ工場責任者を呼び指摘しましたが、音は聞こえない、設備は関電工のものだから自分たちには触れないし止められないと言われてしまい未だに寝られずの日が続いています。この音は低周波なのでしょうか? どのようにすれば眠れる平穏な日常がおくれるようになりますでしょうか? 緊急事態ですので助けてくださいますようお願いいたします。 

 

284   2017/5/18 20:51         エコジョーズ 

国・自治体で測定、音源の特定、撤去等して欲しいです。

行政は民民不介入の方針でした。近隣の給湯器かもですが不明です。

住宅密集地では隣家とは限らないと思います。経験者や知識ある方の協力が欲しいです。被害のわかる医師も見つからず、同居人は感じないため孤立。思考力も落ち、逃避できる経済力もなく...  低周波音被害難民の受入所があればと思います。

被害をメディアで取上げ、周知して欲しいです。給湯器のCMで被害の増加、更に近隣に設置の恐怖も感じます。

 

283 2017/5/16  その他 不明

低周波音と知らず夜に変な音のしない静かな環境を求め引越し繰り返して、かえって音が酷くなり症状悪化してきました。インバータない旧式冷蔵庫に変えたら楽なので、低周波音被害と考えるようになりました。

役所は被害の酷い夜間測定してくれず、高額機器を理由に?貸出しに応じません。民間業者に借りた機器では何処で測っても測定の度全く違う値になり参考になりませんでした。お金も職も失い途方にくれています。

 

282 2017/5/15 エネファーム

 

281 2017/5/2 不明

測定したら、軽い低周波だとしても、絶え間なくあびてると、かなり健康に支障をきたす。現に、いままでそれほど、苦にならなかったちょっとした音、(車に乗ってるときの、走行音や、冷蔵庫の音など、そういう低周波に近い音に、相当過敏になり、音が苦痛に感じるようになった。)

数値が軽くても、重症になる場合も考慮してもらいたい。


被害者の声(アンケートより)
被害者の声1   被害者の声2   ・被害者の声3 被害者の声4
 ・被害者の声5 被害者の声6  ・被害者の声7被害者の声8
 ・ 被害者の声9 被害者の声10 被害者の声11被害者の声12
 ・被害者の声13被害者の声14 被害者の声15  被害者の声16
被害者の声17被害者の声18被害者の声19被害者の声20
被害者の声21被害者の声22・被害者の声23



「低周波音被害 とは何か」

  
低周波音被害とは何か?」

2017年2月15日に、和歌山弁護士会の主催による「低周波音被害を考える」というシンポジウムが開かれました。その時に、基調講演をなさいました小林芳正氏(京大名誉教授 西名阪道路訴訟の原告側調査団長)が「日本の科学者」7月号にレビューを寄せられましたので、紹介いたします。

                  関連記事 「黙殺の音 低周波音」低周波音問題に今後の進展はあるか





img002-1.jpg


img003-1.jpg 

img004-1.jpg 

img005-1.jpg 
img006-1.jpg