低周波音被害からの避難先の選び方

低周波音被害者が避難先として賃貸住宅を選ぶときの留意点について

 低周波音被害者は避難先を選ぶのに一苦労します。避難するというのはもともと切羽詰まった状況ですし、そのような中で、転居先を決定することは、非常に骨の折れるもので、不安が大きいものです。当時の心細さを思い出します。実際、被害者の中には、5回、6回と転居せざるをえない方もいらっしゃって、転居に伴う経済的負担や心身の負担などを考えると、本当にお気の毒になります。
  事前に安全な住宅であることを確認するためには計測が必要なのですが、そのようなサービスを提供してくれるところは非常に少なく、費用も高額になります。
 ですので、転居先の決定は自分の感覚に頼ることになりますが、参考までに、避難をおこなった被害者としての経験から知りえたことをまとめてみました。

  おすすめはURです。もし、お住まいの地域にURがあれば、検討なさったらよろしいかと思います。
第一の理由は、URは礼金がなく、敷金が退室時に全額返却されますので、もし、入居した部屋に問題があっても、UR内で転室も可能となり、経済的負担が軽減されます(URは大規模のところが多いので、空き室があることも多いようです)。もう一つの理由は、URのような大きな団地であれば、周囲の戸建住宅や店舗等の影響を避けられます。戸建住宅や店舗はリフォームや新築、機器の買い替え等、いつ問題機器が導入されるかわかりませんので、平穏な生活が乱される危険が常にありますが、その点、URなど集合住宅では、機器が新たに設置されることはありません。
  ただ集合住宅では、生活騒音が近隣トラブルの原因となることが多いので、生活騒音が気になる方には最上階をおすすめいたします。その他、参考までに。

①大きな団地の中央にある棟(オール電化ではないことはいうまでもありません)。 ある被害者によるとエコキュートの低周波音は音源から30mほど届くので、戸建住宅に面する所は避けるということでした。また、低周波音被害者は電磁波にも過敏になることが多いのですが、団地群の中央であれば、周辺の携帯基地局などからの影響を受けにくくなります。そして、道路工事や周辺の建設工事の騒音についても、団地の中央部は距離があるので、軽減すると思います。
 
②・機械室、エレベータから離れたところを選び、屋上設備も確認してください。


このほかに何か注意点など、お気づきのことがございましたら、お知らせいただければ、ありがたく思います。(スタッフH)

追記)

③駐車場近くはエンジン音、ドアの開閉音の問題があります。また、子供たちのドッジボールや、キャッチボールの衝撃音は最上階でも気になりますので、駐車場や公園、広場近くも避けた方がうよいかと思います。
(kuma2chi様からご指摘いただきましたので、追加いたしました。kuma2chi様、ありがとうございました。)

④最上階は足音の響きは問題はないと思っていましたが、そうでもなく階下からの音も結構響きます。それでも中間階ほど問題にはならないと思います。これは、当初、階下が空き室でまったく足音は感じなかったのですが、その後、入居があって初めて、足音が聞こえるようになりました。ちなみに隣室からの音は感じたことはありません。隣室の非常ベルも遠くで時計のアラームがかすかになっている程度にしか聞こえませんでした。
スポンサーサイト
28:
kuma2chi様
ありがとうございました。注意点に追加しました。
27:
>kuma2chi 様
貴重な情報をいただきましてありがとうございます。
低周波音自体は自然界にも噴火や地鳴りなど存在するように、音源は多岐にわたります。ご紹介いただいたような低周波音源のほかに、集合住宅の上階の足音も低周波音だったりしますよね。(だから一般的に心地良い音とはされていないんですね)
エコキュートやポンプ施設と言った「固定された音源」だけではなく、kuma2chi 様の仰るようなボールや車のドアのような「突発的に発生する、移動する音源」も避ける事が出来ると理想的ですよね。
これら条件をクリアするのは本当に難しそうですが…。
26:
あと避けるとしたら子供の多いところは避けたほうが良いです。公園付近はダメ。無理なら既にご指摘のように高層階で距離を保つ事。子供のサッカーのリフティング練習音が症状悪化時には驚異になります。これ私自身の悩み。他には駐車場近くも避ける。エンジン音も問題ですがドアを閉めた時の音が危ないのです。書くとキリがありませんのでもう一つだけ。洗濯機をベランダ等の屋外に設置する集合住宅にすると安全です。低周波音を出す危険なドラム式洗濯機は屋外に置かれることが仕様上困難だからです。ほんと避難先を探すのは難しいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター