「風力発電の被害を考える会 わかやま」総会

2015年3月29日、和歌山市で行われた「風力発電の被害を考える会 わかやま」で、当会代表Kさんが「NPO法人 STOP低周波音被害」の発足と活動報告」をいたしました。その内容が「風力発電の被害を考える会 わかやま」のブログに掲載されましたので、こちらでも引用いたします。
http://blog.livedoor.jp/windfarm_wakayama/archives/2015-05-26.html


 NPO法人STOP低周波音被害の代表のKと申します。昨年に引き続き、総会へ参加させて頂きました、またこの度は、このような発言の機会を与えて頂けたこと感謝致します。

 この会場に来る前に、時間がありましたので、わかやま城へ見学へ行って参りました、桜には早く、あいにくの雨でしたが、天守閣から見た和歌山市街はとても緑の多い自然が素敵な街でした。
  ただ神戸から車で和歌山へ来る道すがら、多くのメガソーラーを見かけ、また市街地にはエコ機器設置の住宅が非常に増えていて、このようなエコと呼ばれる製品普及の流れが加速してきていると強く感じ、不安と残念な気持ち、なかなか被害者の声が反映されないでいることに、不甲斐なさと、悔しい気持ちを感じています。

 当法人の会員の多くは、このエコと呼ばれる住宅機器からの低周波音被害に苦しんでいる方が多く、風力発電被害と違い、個人の住宅の中で被害に遭うために、集団で被害を訴えることも難しく、被害が出始めた当初は、個人で情報もなく相談先もなく、泣き寝入りされたままの方が多くいました、それは今でも、まだ続いています。
 このような被害環境に、2012年にエネファーム被害者の集まりから始まり、エコキュート被害者が加わり、2014年2月に被害者の会からNPO法人を発足させました。被害当事者が自ら動き、被害者同士が相互扶助の考え方で支え合い、この被害の周知と理解、自らの被害解消を目指しています。前回の総会でDVDを拝見し、当事者が被害を訴えることが一番大事であると訴えておられたことが、一年経ち、改めて、その通りであると感じています。

 私どもの会は、他の被害団体とは少し違い、被害者が全国に点在している為、会員の居場所はバラバラです。ネットインフラが発達したおかげで、現在、情報のやり取りが可能になり、被害者が繋がりあい、それぞれ支援し合えるようになりました、この環境を最大限に生かしながら、被害者が出来ることを考えたいと思っています。情報を拡散して、被害が多くあることを、今後もっと世間に広めたいと思います。なぜなら、この被害に遭った被害者は自身を苦しめるこの被害が何であるのかを知る為に学ばなければいけません、そうでなければ周囲に理解されず、この被害を止めることもできません。また当事者が、この被害をしっかり世間に伝えることは、それは自分の被害を解決する道にも通じるかと思います。
  離れた個人が繋がり合える恵まれた環境にありながら、しかし、簡単には、まだ解決には至りません。参照値や法整備の遅れ、国や自治体の対応等、様々に改善を求めることが必要で、乗り越える壁は高く、新しい公害でもある、この被害を、実際どのように訴え変えていくのが良いのか悩みも多く、正しいのが何かわかりませんが、トライ&エラーを繰り返しながらも挑戦し続けなければいけません、立ち止まっていては被害は無くせないのですから。

  風力発電の被害者の皆様とは、環境や原因は違えども生活を狂わされている同じ境遇の低周波音被害者同士、それぞれの活動が少しづつ現状を変え、お互いに良い影響を与えて、支援し合える強い繋がりを持てたらと思います。
 先ほど、汐見先生が寄せて下さったコメントにありましたように「先人が取り組んできてくれたことを、各自がそれぞれ生かしてゆく、この流れを滞らせない、被害当事者が訴えることが大事、他の誰も代わりに取り組んでくれない」を、しっかり心の止めて今後も前進していきたいと思います。

 また、前回の総会資料を引出し、読み直して参りましたが、そこにメモで「誰かの苦しみの上に成り立つ社会は間違っている」と書き残してありました。風力、エコ機器に関係なく、自分さえよければ、他に被害が出てもしかたない、少数は見捨てる、と言うような風潮にある現在、このような社会は、変だおかしいと、気づく人が増え、良い方向へ変わっていって欲しいと願っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター