低周波音被害と向き合いながら、戦うために。

 低周波音を「遮断」する為には、コンクリートのように面重量のある防音壁を設置する、または音源からの距離を取らなくてはいけない等、非常に対策が困難である事が様々な論文にて示されています。また音というよりは空気の振動である低周波音には回り込む性質もありますので、防音壁である場合には面積や高さなども重要になってくるといいます。単なる騒音被害と違って対策が非常に難しいとされる低周波音被害ですが、被害者の皆様は、それでも辛い状況を少しでも軽くするために、高機能ノイズキャンセリングや空気清浄器、CDなど、いろいろ試行錯誤されていることと思います。

先日ある低周波音被害に苦しむJ様から、以下のような商品についての情報提供をいただきました。

「以下の遮音シートを2重にして壁や床に敷くと、体感できるレベルで低周波振動が軽減できるそうです。値段も比較的手ごろなので低周波振動で困ってる方に教えてあげてください。」という事です。(J様、貴重な情報をいただきありがとうございました)
 
http://www.zeonkasei.co.jp/common/000073306.pdf
 
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0-%E3%82%BC%E3%82%AA%E3%83%B3%E5%8C%96%E6%88%90%E3%80%80%E8%BB%9F%E8%B3%AA%E9%81%AE%E9%9F%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%A0CZ-12/dp/B003V2T4QU/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1435204179&sr=8-1&keywords=%E9%81%AE%E9%9F%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88
 

  先にも述べましたように、低周波音の遮断は大変難しく、大阪瓦斯や大規模工事を行っているゼネコン企業ではANC(アクティブノイズコントロール、音波で音波を制する装置)のような装置の開発も行っているような状態ですので、事務局にてこのシートの効果のほどを立証、確認はしていませんが、このテープで居室内の低周波音をゼロにはできなくとも、少しでも被害の体感が軽減出来たらいいですよね。

  日頃低周波音被害に苦しまれている被害者の皆様には、被害が解決されて以前の平穏な生活を取り戻すまで、前に進むための体力と気力を保持するため、毎日の睡眠をしっかりと確保していただきたいと思います。(深夜の時間帯に稼働するエコキュートやエネファームの低周波音被害の皆様には大変難しい事だとは思いますが…)

 少しでも、低周波音による被害の苦しさを軽減するのに役にたつものはないかと、皆様情報を求めていらっしゃると思います。J様のように、もし何か使ってみて被害軽減の効果があると感じられたようなものがございましたら、また試したけれどもそれほど効果はなかったというようなことも、こちらのコメント欄やメール(infrasound@live.jp)にてお知らせいただければ、ありがたく思います。

 低周波音に苦しむ皆様が、少しでも今の被害症状を軽減され、明日の元気を取り戻せますように。皆様、本当にお身体に気を付けられながら、心身にわたり辛い活動ですが、前に進むべく行動していきましょう。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター