エネファームの低周波音による健康被害に関する訴訟傍聴&大阪交流会のご報告 1

93日、メンバーの大阪地裁での裁判初回期日に合わせて交流会を開きましたので、ご報告いたします。(K)

 

先日、大阪地方裁判所にてエネファーム訴訟第一回公判が行われ、多くの方々に傍聴いただき、本当にありがとうございました。小雨も降り、お足元の悪い中、遠方から来ていただいたこと、感謝しております。

 

裁判傍聴には、原告3名、代理人2名に対し、支援者19名、報道関係数名3名が集まり、当事者を支援してくださるお気持ちを感じました。この問題が単なる近隣トラブルといった個人的な問題ではなく、各地に同じ被害で苦しむ人々がおり、この事件に関心が寄せられていること、そしてこれからも社会的に大きな広がりが予想される問題であることを裁判所に印象づけられたものと思っています。この度、いろいろなご事情もあり、参加できなかったメンバーの方からも勇気づけられるお言葉をいただいています。本当にありがとうございました。 

  公判終了後は、隣接の弁護士会館へ場所を移し、12時から16時まで裁判報告会を兼ねて交流会を行いました、弁護士3名、報道記者2名の方々にも参加してくださいまして、被害者の皆様には、少し緊張もありましたが、それぞれ自己紹介と現状報告をして頂きました。今回は、通常の関西交流会とは違って、東京、埼玉、愛媛、和歌山、京都、大阪、兵庫からと広範囲からお越しいただきまして、初めて参加された方もいらっしゃいました。また、役員も勝手のわからない大阪での交流会開催ということもあり、不安もありましたが、おかげ様でスムーズに会を進行することができました。自由歓談では面識がなくとも皆様、すぐに打ち解け、和気あいあいとした雰囲気のなか、親交を深めることができたように思います。被害者同士で話す機会が少ない中、短い間でしたが有益な時間となったのではないでしょうか。また、この日は同席していただいた弁護士さんにも相談に応じていただき、相談者の方には貴重なアドバイスが頂けたことと思います。弁護士の先生方にもお忙しい中、ご協力くださり本当にありがたく感じました。


 また、当日お会いした会員の皆様それぞれ被害に向き合い、この被害を世間に広める活動をしてくれていることを知りました、ある方は最近多いデモに参加されていて、その時はNPOのロゴで手作りの旗を制作し、l掲げてくれているとのこと、またロゴをワッペンにしてバッジにした会員様もおられ、普段お会いできずにいる会員の皆様がそれぞれの居住地で頑張っていらっしゃることに感動を覚え、改めて感謝の気持ちを強く感じる日となりました。

本日の集まりが少しでもこの先、会員様個人の被害解決と、また会の活動が有意義で被害者に役に立てるように繋げていきたいと思います。今後、このような交流会を関西に引き続き他の地域でも行う予定です。

 

*エネファーム訴訟の次回期日は11月19日()午後。於大阪地方裁判所。時期が近づきましたら、再度詳細お知らせいたします。一人でも多くの方に傍聴していただきたいと思っております。よろしくお願いいたします。(K

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する