エネファームの低周波音による健康被害に関する裁判傍聴&交流会 2

原告のHです。9月3日の当方初回公判に傍聴いただきました方々、そして心温まるお言葉を頂戴しました皆様方、心強いご支援に感謝しております。

 当方のエネファーム被害は2010年12月末に始まり、エネファームが販売開始されてから日も浅かったため、まだ普及台数も少なく、ネット上でもはっきりとした被害例がありませんでした。市環境局や法律相談、消費者センター等、色々なところに相談しましたが、有益な助言はなく、自分の被害をどのように解決したらよいのか、本当に暗黒の海に放り込まれた心境でした。地面の割れ目に片足を突っ込んでしまって、そこから脱出できない、しかし、誰も当方の窮状には目も向けず、手を差し伸べてくれずに通りすぎる、そんな辛い思いをいたしました。
  孤立無援、暗中模索、四面楚歌、臥薪嘗胆、・・・・・という言葉に表される日々の中、同じ苦しみを抱える方たちを探しているうちに、ネット上での繋がりができて、各地に点在する大勢の仲間と知り合うことになりました。被害発生から提訴までには長い期間があり、立証の準備に時間が必要で、その間、何度も泣き寝入りをしようかと葛藤もありましたが、そのたびに仲間の皆様のおかげで、この問題に向きあっていく勇気が出ました。

 高崎エコキュート裁判の清水氏がご自身のサイトで、
 「小さな被害の一粒と思われたものが、実は、どうやら大きな被害の一滴のようです。この小さな被害を解決させるためには、大きな被害に立ち向かわなくてはならない。」と記されています。

  「小さな被害の一粒」である、「隣家の機器を移設、あるいは撤去」するには、「大きな被害」である「低周波音被害」に立ち向かうことになり、長年、環境省が「科学的知見は不明」としてきたこの難しい問題に対峙することになります。消費者庁事故調報告書が公表されて、少しは被害者にも明るい兆しが表れてきたものの、被害者にはまだまだ厳しい状況が続いており、なかなか話し合いでの解決も困難で、所有者の同意が得られなければ、裁判を選択するしかありません。そして、その裁判は厳しい裁判となることが予想されます。

  裁判における勝訴は多くの場合、「empty victory(虚しい勝利)」であり、確かに当方の受けた心身の健康被害、この問題を解決する過程に伴う精神的苦痛、経済的損失、時間の喪失等はたとえ勝訴したところで、補償されるものではなく大きな損失が生じます。ですからこの被害に巻き込まれたことが当方にとってこの上ない不幸であり、負担の多寡を考えると「泣き寝入り」がbestなのかもしれません。平穏な、以前の生活を取り戻すために、少しの可能性をかけて闘いをするかどうか・・・。しかし、もし当方の闘いが、当方個人の問題に限定されず、社会的意義を持つ動きに結びつくものになるのであれば、その苦労も報われるはずと考え、提訴を決断しました。私はそれほど強い意志など持ち合わせてはいませんし、不安で押しつぶされそうですが、できるだけ頑張っていきたいと思っています。裁判は今始まったばかり。これから長い闘いとなりますが、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。 (H)。
                                                                  以上

関連記事
http://oto0.blog.fc2.com/blog-date-20150903.html
http://oto0.blog.fc2.com/blog-date-20150909.html

http://blog.livedoor.jp/egowill/archives/46204622.html




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター