春日井市議会 一般質問「低周波音対策について」

春日井市議会、第5回定例会で「低周波音対策について」一般質問が行われ、「かすがい市議会だより」にその内容が掲載
されました。

春日井市議会だより  p7


春日井市議会だより 

春日井市
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記記事より

質問 (伊藤健治市議)
ヒートポンプ給湯器や家庭用ガスエンジン発電装置などが発する低周波音による健康被害を訴える人が増えている。低周波音は人によって感じ方が違い、周囲の理解を得ることが大変困難で、問題解決までに様々なハードルがある。
①低周波音被害のメカニズムや解決方法などを、広報やホームページ等で周知啓発すべきである。
②市は苦情にどう対応しているのか。

答弁 (環境保全課)

低周波音に関する情報のホームページでの周知、住宅用地球温暖化対策機器の設置上の注意点などの周知について検討していきます。

エコキュートなど家庭に設置される機器による低周波音の苦情が市に寄せられた場合には、機器の稼働状況や低周波音の調査を行い、環境省の「低周波音問題対応の手引書に定める参照値」を目安として、設置者に対応策を検討するよう指導しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

議事録は3月中旬開示の予定だそうですので、また、追って紹介いたします。
詳細は議事録を見ないとわかりませんが、答弁にある「参照値を目安として」という対応は、事故調報告書が出た今となっては非常に残念な対応だと思います。
しかし、エコ機器の設置上の注意点の周知について検討するとのこと、ぜひ広報で市民に注意喚起してもらいたいと期待しています。


今まで、各地の被害者が市議・県議の方にお願いして、議会で質問してもらってきました。そして、高崎市では、低周波音の注意が広報で市民に知らされるようになりました。
なかなか、メディアはこの被害を取り上げず、この被害に対する理解がないため、解決は困難となるので、私たちはメディアではなく、地元から周囲を変えていくしかありません。

被害者の皆様、以下自治体の取り組みについての資料をお持ちして、地元の市議・県議さんたちに訴えてみませんか。広報で被害について周知をはかるよう、はたらきかけてください。あなたの住む町を低周波音から守るために。

関連記事
     ★高崎市市議会    一般質問   広報    

     ★神戸市議会     市議ブログ  http://www.eonet.ne.jp/~kosmoso/iinkai.html

     ★豊中市議会     一般質問 
     
     ★和歌山県議会    一般質問 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する