低周波音被害について (読売新聞記事)


読売新聞記事 「低周波音 苦情相次ぐ」
2016年2月28日
http://www.yomiuri.co.jp/osaka/news/20160228-OYO1T50005.html?from=oycont_top_txt

読売新聞記事B1読売新聞記事B2 

yomiuri2016-02-28-2.jpg 
      
 
スポンサーサイト
35:
>隣人 様
私自身も低周波音被害に苦しんだ経験から、被害に関する情報を求めて様々な低周波音被害情報サイトや被害者交流サイトを覗いた経験がありますが、「一条工務店のエネフローによる低周波音被害に苦しむ」という情報は散見しています。

製品の認知度の低さから普及台はそれほど多くないのかもしれませんが、被害者は一人ではないのではないかと思います。

一条工務店をはじめ製造メーカー(長府製作所製でしょうか?)に自浄脳力がない現状を鑑みますと、やはりまずは被害を表面化させる必要があります。

エコキュートをはじめエネファームやエコウィルを調査対象に決定している消費者事故調査委員会には調査申請されましたでしょうか?

「長府製作所製造のヒートポンプ熱源機」とのことですから、おそらくエコキュートやエネファーム、エコウィルなどと同様に低周波音を継続的に発生させてしまう仕様であるはずです。

どうか必要最低限の出来る事として事故調に申請なさってください。また、同時進行で地方自治体へ調査・対策依頼もなさってみてください。
34:隣人様
>うちの家族は低周波で殺される。
>うちの家族はめちゃくちゃにされました。

私も同じです。 一条工務店であろうと、積水ハウスであろうと、どこの施工会社も似たり寄ったり。
施主側の利便性と外観重視の非常識な設計で、近隣への配慮などまったくありません。 被害を訴えても、施工会社も製造メーカーも被害を認めず、大企業に守られた所有者相手に被害者の人権は侵されています。 声を上げねば、被害はなきものとされます。いろいろな手段を使って、声を上げていただきたいです。 読売新聞には、多くの被害者からの声が届いているそうです。メディアにも訴えてください。
33:一条工務店に平穏な日々を壊されました。
隣人がエネフローをうちの寝室向きに至近距離で設置してきた。おかげでうちの家族は寝不足だ。動悸も止まらず、精神安定剤を飲んでいる。全額出すから移設をお願いしたが、拒否された。うちの家族は低周波で殺される。こうやって苦しめられている被害者がいる事実を認めないのが一条工務店。法は守ってるの一点張り。低周波は法では縛れないから平気で隣人の寝室に向けてエコキュートやエネフローを設置してくる。契約のためなら隣人の家族が苦しめられようがなにしようが関係ないんだな。ありえない。うちの家族はめちゃくちゃにされました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
カウンター

プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -