事故情報データバンクシステムにおける低周波音に関する事故件数の推移(~2016年4月末)

 事故情報データバンクシステムを元に、苦情件数の推移を管理人が作成しました。(キーワードを「低周波音、給湯器、ヒートポンプ、太陽光、燃料電池、ガスエンジン」で、“いずれかを含む”で検索しました。)

事故情報データバンクシステムにおける低周波音に関する事故件数の推移
2016年4月末まで


p  

 2009年秋から始まったこの制度ですが、当初は、製品と契約関係のない者、例えば、隣家のエコキュートで被害が発生した場合などの苦情は消費者センターには受け付けらず、集計には反映されていませんが、2012年度からは見直され、隣家の機器に対しての苦情も受理されるようになりました。それでも、いまだにセンターによってはそのような変更を知らずに、依然として隣家からの苦情を却下する自治体もあるようです。

 このグラフからわかりますように、苦情件数の推移に何度か大きな変化が見られます。それは、消費者庁消費者安全調査委員会(事故調)がエコキュートを調査対象に選定した時(2012年11月)や、エコキュートの報告書を公表した時(2014年12月)、エコウィル・エネファームを調査対象とした時(2015年11月)など、メディアで報道された時に一致し、苦情件数は急増します。これは報道がきっかけとなり、消費者センターに被害を届けることに気づかなかった人々が消費者センターへ通報することで、被害件数が増加することになったからだと思われます。
 ちなみに2016年4月15日の事故調会見で消費者庁はエコキュートに関して相談件数は事故調報告書公表前に比べ、毎月約4倍のペースで相談があると答弁しています。 

 被害に遭えば、「まず消費者センターや自治体に知らせましょう」と、当会はサイトで勧めていますが、当会アンケート回答者のうち消費者センターに相談する人は全体の約3割、自治体に相談する人はほぼ半数です。
もちろん、消費者センターに届け、自治体に相談しても自身の問題解決に結びつくことは難しいのですが、国にこの被害に真剣に向き合ってもらうためには、消費者センターや自治体に届けるしか私たちには手段がありません。



 太陽光発電、24時間換気、スマートメーター、床暖房、エアコン、他機器の被害者様の方へ
 
 最近、エコ給湯器の他にも住宅関連の太陽光発電や24時間換気、スマートメーターが問題となりつつあるように思います。これらの被害は単独での被害ではなく、エコ給湯器と同時に被害が起こっている例が多く、当会にあった太陽光発電による被害相談21例では、3例(2016年4月現在)だけが太陽光発電単独での被害です。太陽光発電の被害は、エコキュートやエネファームが販売された直後と同じく、周囲の理解を得られず、大きな困難に直面することになります。
 被害の渦中にある者にとっては、気の遠くなるようなことですが、被害が表面化することが解決には必要で、被害に遭った各人が情報提供し、危険を世に知らせる必要があります。消費者センターを通じて、事故情報データバンクシステムに集計された結果がまとまった数値になれば、事故調の調査対象となる可能性が出てきます。  
 エコキュートの被害は2001年販売直後から発生しているはずですが、11年も経って事故調調査対象となったように、多くの被害者の苦労が積み重なることで、やっとエコキュート被害に目が向けられました。

 事故調はエコキュートの調査後、2014年12月、報告書を出し、各省庁に意見書を出しましたが、被害を取り巻く状況には改善が見られるわけではありません。しかし、これから事故調は報告書を出して終わりとはせず、きちんとフォローアップをしていくようです。
事故調の取り組みが徐々に成果を出していくことを期待し、この経験が他の住宅用機器に生かされることを願っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター