被害の実態 7

 

給湯器被害は多くの場合、戸建て住宅で発生する(図1)。近接の隣家に設置されたものが多いが、中には一軒隔てた隣家など、離れた場所にある機器で症状が起こるケースもあれば、自宅の機器による被害もある。(図2)。
 被害者は長期間暴露により低周波音に対し、徐々に鋭敏となっていき、エアコンや冷蔵庫など、それまで何も問題はなかった機器にも低周波音を感じるようになり、近隣の工事やアイドリングにも苦痛を感ずるようになる。
 集合住宅の場合は給水ポンプや機械室などが原因となることもあるが、音源不明の場合が多い。また周囲の戸建て住宅にある給湯器による影響を受けている場合もある。


無題


被害の実態   はじめに    被害の実態1  健康被害の症状
被害の実態2  被害者の年齢と性別被害の実態3  被害者の自衛手段
被害の実態4  自治体の対応 被害の実態5  音源について
被害の実態6  被害の発生1  被害の実態7  被害の発生2
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する