公害審査会調停成立



エネファーム運転音による健康被害に関する事件で、調停が成立したようです。調停内容は不明ですが、穏やかな日常生活を一日も早く取り戻されますよう、願っております。

公害等調整委員会HP「ちょうせい」10から引用です。



公害審査会で終結した事件

事件の表示

大阪府 平成28(調) 第2号事件

[家庭用燃料電池からの騒音・振動被害防止及び損害賠償請求事件]

申請人

大阪府 住民2人

被申請人

大阪府 住民1人

事件の概要

平成28年6月2日受付

 

申請人らは、家庭用燃料電池の運転音による騒音・振動により夜は不眠、日中は頭痛、胸の圧迫感があり、止まらない音にイライラして、体の疲労は増大し、被申請人に苦情を申し入れたが改善されない。

よって、被申請人は、

①被申請人宅に設置した家庭用燃料電池の運転を直ちに停止し、本件家庭  
  用燃料電池及
び家庭用ヒートポンプ給湯機等の類似する機器以外の機器
  に変更すること

②申請人らが本件家庭用燃料電池から生じる運転音・振動による被害を避け
  るため、自宅か
ら現住所に避難している間の家賃支払相当額を賠償するこ
  と
 
③申請人らの受けた身体的、精神的苦痛に対し慰謝料を支払うこと。

終結の概要

平成29年2月23日 調停成立

 

調停委員会は、6回の調停期日の開催等手続を進めた結果、調停委員会の提示した調停案を当事者双方が受諾し、本件は終結した。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター