夏の「謹賀新年」

 
    当会「NPO法人STOP低周波音被害」は、2017年7月15日、神戸で勉強会を開きました。オープンスペースで公開セミナーという形で試みで行いましたが、残念ながら、当日お集まりくださいましたのは会員の方がほとんどでした。一般の方はちらりと中を覗いて立ち去っていく方ばかりで、次回からはもっと事前に広く告知する必要を感じました。

 勉強会後の交流会では、皆様それぞれの被害状況や交渉の進捗状況について語り合いました。その中で、エコキュートの被害者Aさんのことをご紹介したいと思います。Aさんは、今年元旦、最後の年賀状をお書きになり、できるだけ多くの人にこの被害を知ってほしいという思いで、そのコピーをいつも持ち歩いていらっしゃいます。


年賀状  




    A
さんは、被害にあって丸5年が経ち、今年は80歳におなりです。昨年やっと、自宅を離れ、避難されましたが、鋭敏になってしまったお体には、避難先でも平穏には過ごせず、わずかな期間に転居を重ね、それでも今尚お辛い毎日を送っていらっしゃいます。足がご不自由で杖を2本使って、地下鉄を乗り継ぎ、長時間をかけて勉強会に参加してくださいました。

 Aさん宅は2世帯住宅で、子世帯は早々に避難生活を始めていましたが、Aさんは心情的にご自宅を離れられず、被害を解決するために、紛争解決センターや、裁判所で調停を行ったものの、和解には至りませんでした。そして昨年、これを最後にと、隣家にエコキュートの撤去(費用は被害者負担)を再度、お願いしましたが、隣家は「(Aさん宅の)健康より、エコキュートが大事。エコキュートがかわいい」と言い放ち、Aさんはついにその地に留まることを諦め、自宅を後にすることになりました。Aさんご夫婦は、1995年の阪神大震災で自宅が全壊となり、新築した2世帯住宅で余生を送っていらっしゃいました。共に暮らしてきた親子2世帯はたった1台の機械で分断され、思い出の詰まった自宅を捨てざるを得なくなりました。

 

エコキュートの低周波音を苦に2世帯6人が自宅に住めなくなり、その結果、被害者宅が空き家になっても、独居の所有者は頑なにエコキュートの撤去を拒否しています。自分の設置した機器がそれほどまでに隣家を苦しめることに対し、良心の呵責など感じないのでしょうか。長年の隣近所の付き合いがありながら、なぜここまで「意地悪」としか思えない行為をするのでしょう。 

 この日、集まった被害者の方、皆に共通しているのは、機器所有者の傍若無人ぶりです。生活を破綻させられ、人生が狂わされてしまった被害者に対し、暴言を吐き、「文句があれば裁判したら。負けないよ。」と怒鳴る所有者です。こうした事態になると、人の心はここまで荒廃してしまうものでしょうか。

 

2014年冬の消費者庁消費者安全調査委員会のエコキュート調査報告書により、「エコキュートの稼働音が健康被害をもたらす可能性があると推測される」との見解が出されたにも関わらず、事業者はいまだに被害の存在を認めようとしません。

所有者は仮に被害を認めなくとも、隣家の窮状を思いやり、その解決のために、何らかの譲歩をすると言うのが人間本来の心ではないでしょうか。

所有者の権利には義務が、自由には責任が伴うはずです。機器の設置について、設置の権利と自由が有るならば、他人に迷惑をかけてはならない義務と責任が伴うのは当然では無いでしょうか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する