「女ひとり 孤独の叫び 風力発電機による低周波に曝露された人体はどうなったか」

www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss
「女ひとり 孤独の叫び 風力発電機による低周波に曝露された人体はどうなったか
という本が先月、出版されました。著者の平家けい子氏より本を送っていただきましたので、紹介いたします。

 
女一人



 帯紙には次のように記されています。
「健康で幸せだった人生が、突然暗転したー 
再生可能エネルギーとして安心安全なイメージのある太陽光や風力、地熱などによる発電方法だが、運転時に発生する電磁波や低周波が人体に悪影響を及ぼすということは、あまり知られていない。市が設置した発電機によって健康を害した一人の女性が、その過酷な実態を告白する。」 

  著者が79歳だった2013年(正しくは 80歳だった2014年)に、小型風力発電が近隣の施設に建設され、その直後より体調不良に陥り、平穏な生活が根こそぎ奪われてしまいました。行政との交渉で風車の羽根は撤去されたものの、太陽光発電等による体調不良は続き、入院、野宿、放浪など辛い900日間の記録が収められています。著者は一人住まいで、相談する同居家族もなく、不眠、高血圧、不整脈をはじめとする様々な症状に苦しみながら、低周波音や電磁波と体調不良との因果関係を証明したいと、ついに環境医学の専門家である医師の診断書を得ることができました。そして、多くの苦難にも挫けず、現状を打開するために30年来の持ち家を売却し、安心して住める家を求めて転居を重ねていきますが、その行動力、決断力、そして希望を持ち続ける精神力には感服します。

「苦しみが渦巻く家にいられず外出し、当てもなく車で走る時、これが逆境を知らない弱い女性だったら、発狂してしまうか自殺するしかないだろうと想像した」という一文があります。
 休息の場である自宅が低周波音地獄となり、不眠などの体調不良に襲われ、今以上に周囲の理解を得がたかった当時の被害者は、四面楚歌、暗中模索、五里霧中、茫然自失、絶望悲痛という言葉そのもので、性別に関わらず、一度は自殺が頭をよぎったことがある方も多いと思います。当ブログ管理人の私もそのうちの一人でした。

 著者は健康と天職に恵まれ、「生涯現役」と、仕事に、趣味に充実した生活を送っておられました。そして、それを取り戻すべく、強い精神力で、この理不尽な状況から脱出されました。人それぞれ闘い方の方法や解決となるものは違いますが、自分の被害を公に訴えることがこの被害の周知を図り、安全な住環境を守っていくことに繋がります。闘いの真っ最中である私も時に「弱気の虫」に取りつかれることがありますが、著者、平家けい子氏を見習って、決意を新たにしております。

 本を出版するには高額の費用がかかると聞いています。どうぞ、皆さまも応援買いよろしくお願いいたします。そして、地元の図書館に寄贈いただければ幸甚です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター