低周波音被害者救済に関する要望

 

2014年4月、国に対し低周波音に関する要望を致しました。以下、内容を一部公開いたします。詳細は会員限定公開します。


近年、近隣の住宅設備等(エコキュート、エネファーム、エコウィル等)から発せられる低周波音によって苦しむ人が増加しています。早急に現状を改善し被害拡大を防ぐことが求められていますが、低周波音被害に関して国は対策を長年放置しています。NPO法人STOP低周波音被害は当事者が被害を伝え、問題を早急に改善するよう活動している団体です。被害者救済他、予防原則の導入、参照値の再考、厳格な基準設定を求め、国に対し以下のように要望しています。

NPO法人STOP低周波音被害

「低周波音被害者救済に関する要望」

           1、 被害実態の把握  
                ① 被害相談窓口の設置
                ② 低周波音測定の実施
                ③ 参照値の撤廃 
                 ④ 公害等調整委員会に関して  
                ⑤ 被害者への個別支援の実施 
                ⑥ 加害源側での対策実施
           2、 低周波音被害の究明、被害者救済  
                 ① 低周波音被害の因果関係の調査、研究  
                    ② 保健、医療関係に低周波音のよる健康被害の周知 
                   ③ 消費者庁事故安全調査委員会の調査対象の拡大
           3、 被害予防、対策  
                 ① 低周波音被害の周知及び注意喚起 
                 ② 予防原則  
                 ③ 低周波音に関しての法整備  
                 ④ 低周波音被害の法整備に第三者関与 
                 ⑤ 官民協働システム

以上

詳細は 会員限定 http://stopteishuuhaon.blog.fc2.com/blog-entry-29.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する