被害者の声 8-A

   低周波音被害は健康症状の現れる時期も、症状も人によって異なります。 機械が稼働してから、数年たっての発症もあり、原因のわからない体調不良に苦しむ例もあります。 

   高崎エコキュート裁判の当事者である当会メンバーの方に健康症状の現れる様子を書いていただきました。 機械が設置されて、その後、発症するまでの様子や、次第に過敏になっていく様子などが詳しく描かれています。
         
<エコキュート低周波音による健康被害との戦いの記録> もご覧ください。


「エコキュート被害」 前篇

被害をもたらした音源はエコキュートです
 私の家族は夫婦と子供二人の四人家族です。12年前、築約40年という家に引っ越して参りました。敷地に2軒建っておりまして、前の持ち主が商売をされていた関係か、敷地に入る方から見て、手前に平屋、奥側に二階建て(一階が土間・二階が二部屋)を増築したお家でした。
 私共が入る際、その二棟を短い廊下でつなぎ、土間を部屋に変えました。 後に被害にあう私にとって、この奥側の部屋がなければ、居られなかったと思います。
 
 隣のアパートが取り壊され、更地になって3年後の秋に隣の新築工事が始まりました。
 ハウスメーカーは○○○、白い二階建ての大きな家でした。家の向きが私共とは違い家の正面を東にとりました。私共との境界がそのお家の裏手になりました。そして、エコキュートが境界ぎりぎりに設置されました。機械の性能上空けなければいけない距離を置いて。それでも真四角なタンクはメンテナンスの際に扉を開ける間を取るらしいですが、それもなかった為か横向きでした。

 それは、私共の家の丁度玄関前でした。
冷蔵庫のようなタンクと室外機が設置されました。その頃私共は、エコキュートという名前すら知りませんでした。
 ですから、その機械が深夜にお湯を沸かして、タンクに貯めるものなど知る由もありませんでした。

使い始めは、空のタンクにお湯を貯めるので、長時間運転するようです。
最初に主人が辛さを覚えました。次の日、主人が○○○の工事者に「昨日は夜通しエアコンが付けっぱなしのようでした」と言うと、それは、エコキュートであって、・・・と言うことでした。2月初旬のことでした。
 この時の音に関して、私は気になりませんでした。どの程度かと訊かれれば、
「音してた?」位です。
 隣家が引っ越してきたのは4月の下旬でした。            
それからのエコキュートは確かにうるさいものでした。
 夜中にしてはと言う条件付きですが、これでは充分うるさいと言っていいと言う位の音でした。本格的にお湯を使うようになったから、と私は思いました。
 夜にこの音はうるさいでしょう、そう思いながらも私は普通に寝ていました。元々図太い神経なのです。
 一ヶ月そのまま過ぎました。5月24日(日)でした。寝ている上からの圧迫感と身体の中に気持ち悪い振動感がありました。振動感は、起きてからも抜けることなく、振り払うため踊りました。ダンスなど知りません。ただただ、振動感を別の音楽のリズムでも入れて振り払いたいからです。
 子供達は「母さん、おかしくなった」ととまどいながらも、笑っていました。
 直ぐに、寝室を変えることにしました。
私の隣で寝ていた主人に「どうしてこんな所で寝ていられるの。」
180度の転換でした。
(既に主人は家のあちこちで寝場所を変えてみてはいたのですが、どこでも同じといって、元の床の間の部屋におりました。)
 細長い我が家の道路からの入り口から見て一番奥の建て増しした側の一階に移りました。
 駄目でした。夜中に私は吐き気で目が覚めました。目が覚めた後に、エコキュートの音が小さく聞こえます。決して音に驚いて目が覚めるのではありません。
「何これ、なんなのこの機械」
それから二階にしてみました。一階に比べれば、私は楽でした。
 それでも、夜中に目が覚めてしまう、朝起きた後に胃に何か詰まったような気持ちの悪さ、は同じでした。振動もありましたが、身体の中に入ってくる事はありませんでした。最初からここでこんな症状でしたらエコキュートのせいと、思えません。気が付かなかったと思います。  

戻る   続く
 

  

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター