被害者の声8

アンケートにご協力いただいた方々のうち、ご意見等、記されましたものを紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★80 音源:エコキュート 2014年12月29日
「被害を受けてる人の苦しみをきちんと受け止めてほしい。たらいまわし無責任な対応は論外。強制力のある違反したら罰則のあるしっかりした法律を作ってほしい。 公害被害って行政はいつも企業寄りで 対応が遅れ被害拡大を招いたと思います。ドイツの健康被害に関する対応を 真摯に参考にしてほしいです。」

★79 音源: エコキュート エアコン 2014年12月20日
初めは、デシベルの事ばかり考えていましたが、原因が低周波であるとわかるまでに数か月かかりました。隣家は改築の際、こちらに向けて3台のエアコンの室外機と1台のエコキュートを設置しました。この時点で、隣家の施工業者に訴えましたが、全く聞く耳をもちませんでした。区役所の相談窓口や近隣トラブルなどの弁護士にも相談したり、あらゆる相談機関にあたってみましたが、問題解決にいたらず、むしろ私が過敏症であるような捉え方をされました。うちの場合は特に特殊な条件が重なっていると思います。反対側の隣家も室外機3台をこちらに向けて設置しているからです。知人の建築士に間に入ってもらい隣家と交渉しましたが、隣家の施工会社である住友不動産の建築士が移動不可能と当然のことのように主張してきました。知人の建築士の尽力でやっと室外機1台を折半で移動しましたが、未だに夏と冬の季節は家にいることが苦痛ですし、恐怖を抱えています。

★78 音源: エコキュート 2014年12月19日
近所トラブルを避けたく直接、 何度か 【音の確認に来ていただきたい】と申し出たけれど【相手からの連絡がなければこちらからは一切動けない】というので意を決して 持ち主の方にしかも しぶしぶ 連絡してもらったところ1回 調査に行くたびに 出張料が1万円かかる、ほんの少しの移動で数十万の請求、という返事をしてきたダイキンの対応の悪さ。築30年の我が家に対し築6年目の【お宅の家が古いからwベランダ二重サッシに替えればいいんじゃないですか?】と軽く言ってきたそのお宅の 奥様 の言動。稼働時間を変えてくれるようにお願いしたけれど、あぁでもない こぅでもないと動く気のない 世帯主 の態度。

★77 音源:公共施設設備  2014年12月17日
「騒音元が老人ホームですが税金を使って納税者を苦しめるのはやめてほしい。なぜ24時間空調管理する必要があるのか解らない。」

★76 音源: 太陽光発電パワコン エアコン 商業施設設備 その他施設 2014年12月15日
「そもそも携帯基地局からの高周波で体調不良になり生活にも支障が出ていた所、コンビニが出来た事で悪化しました。新興住宅街ですが、携帯基地局もどんどん増設されもはや人間が健全に暮らせるような環境ではありません。この近辺で若い人の自殺者もこの数年間で数名でていると知り、電磁波の影響もあるのではないかと考えています。病院に従事する医師の対応も人権侵害のある酷いもので、怒りばかりが増えて行きます。しかし、国や自治体では企業と一丸となって経済の活性化とインフラを整えると称し、
どんどん増やしている様な状況で、基本的人権も生活も守られていないと感じます。そもそも311の原発事故由来の放射能物質汚染、PM2.5などの環境汚染があり健康な生命を保持する事がなにより大変で大切な時代、こうした電磁波公害を増やすことを促進しているような国・自治体・企業には疑問と怒りを感じます。」


★75 音源:エネファーム・床暖房の室外機・商業施設設備  2014年12月11日
「行政は何の手助けになってくれません 勿論音源の調査もしてくれません
あのような機械を普及するならば低周波音を出さない為の研究もするべきだと思うのですが ただ国も業者も低周波被害者が何であるかも知らないのかもと 又は知らないふりをしているのでしょうか」


★74 音源: エコキュート 2014年11月30日
「設置者への移設命令。また、機器販売をした会社に買取させるか、無償で機器の設置位置を移動させる命令を出すこと。」

★73 音源: エコキュート 2014年11月27日
「警察に送電してもだめ。この問題は一人で立証するには、限度があり、今は手立てがなく悩んでいます。」

★72 音源: エコキュート・エアコン・不明  2014年11月26日
「住宅の構造や築年数でも被害が違うのか、相手を特定する前に家を購入したことに対して後悔の念ばかり。
子供の不登校もゲームや夜更かしが原因では、と子供が責められ、叱り方が悪いといわれ、私も更年期ではないかと。主人にもわかってもらえず、金銭的にも転居するにも身動きとれず。娘の受験と重なり、発症をびくびくしている毎日。ネットで調べてもろくなものは出てこないし、環境省の指針も素人には理解できない。県は話を聞いてくれたが、市からの依頼が必要、測定も市の方針次第で、具体的な解決には手を出せない。市は測定機器がない、騒音問題も民民は管轄外と断られた。測定してどうなるのかと考えると高額なお金を出してまで頼む気にもならず。相談窓口もなく、転居するにもどこに?となにも解決せず。民間同士でも解決できるような手だてと測定、究明ができるように自治体で対応してほしい。風向きを変えたら効果があるのだろうか。」

★71  音源:  -     2014年11月18日
「賃貸書類には、部屋は人が住むためのものであり機械仕事などしてはいけない・・とありますが、不動産会社で判って居ながら”黙認”している。
何度も音聞きお願いしていますが、昼間しか来ない。昼間よりも夕方から夜・夜中・朝方には、音が強くなり振動で眼が覚め腰が痛くなる。気分も悪い。ほとんど昼間は、用事も無いのに外に出掛けている。この寒空に外では眠れない。泊めてくれる家も無し仕方なく部屋に帰って来る・・これがずっと続いている。毎日が辛いです。」


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
カウンター

プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -