被害者の声6

 エコキュートによる低周波音に苦しむRKさんから、手記「音から逃れる日々」が届きました。RKさんは2013年、次のようにお書きになっています。そして、現在も隣家エコキュートによる低周波音で苦しい毎日が続いています。


http://infralowfreq.blog.eonet.jp/teishuuha/2013/06/post-8835.html より

 「私ども夫婦と娘一家4人は低周波音難民です。 2012年5月24日に隣家がエコキュートを設置しました。そして我が家に健康被害がやって来ました。ヒートポンプと貯湯タンクから低周波音が出て、私、娘、孫二人が辛い思いをしています。

  症状として、両耳(内耳、外耳)から耳下肩までの腫れ、吐き気、頭痛、耳の後ろの骨にも痛みが走るのです。夜も何度も目がさめます。57kgあった私の体重も50kgになりました。機械の稼働時は体ごと低周波音を浴び、胸がしめつけられ、呼吸もおかしくなります。 自宅におれず娘一家は市内のマンションに転宅しました。

  私どもはこの地に50年住んでいます。隣は前の持ち主が手放された後、2軒細長い住宅がたちました。26年お互い様の付き合いをしていました。エコキュートを移動してほしいと話合いもしましたが、一方的に話合いを打ち切られました。 兵庫県弁護士会の和解斡旋も申請しましたが、隣は話合いにも出席しませんでした。

  国の消費者庁の消費者安全調査委員会がこのエコキュート被害問題で昨年(2012年)10月から動きだしました。被害は全国に広がっています。こんな理不尽なもらい公害に苦しんでいます。」

  

音から逃れる日々

隣家のエコキュートは2012年5月に取り付けられました。

我が家族の健康被害の始まりの日でした。それから、ずっとです。エコキュートの低周波音で苦しく、辛い毎日を送っています。

この日から猫も鳥も庭から姿を消しました。

今年10月21日15時から18時の間に隣家には工事の人が3、4人来ていました。
「何をするのですか」と聞くと、エコキュートが古くなったので、部品を交換するという答えでした。

10月末には再び猫が来るし、メジロもやってくる様になりました。12月になると、猫の落し物も掃除しなければならなくなりました。古くなった部品を取り換えた工事と何か関係があるのでしょうか。

でも、私の耳には今でも町工場みたいな音が不定期に辛く伝わってきます。ウォーンと風圧と共に頭が痛くなります。部屋が揺れています。
そのまま家の中にいると耳が詰まっていきます。

外に出るしかありません。来る日も来る日も不定期稼働のエコキュートから逃れる日々です。
・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

追記 2015年2月7日

暫くの間、庭を訪れるメジロが心を癒してくれてましたが、12月末にはトリもネコも我が家には再び姿を見せることはなくなりました。エコキュートの稼働は寒くなると強くなるばかり・・・・。ネコは我が家の間にくると走って逃げる、毎日です。








スポンサーサイト
21:エコキュート被害者様へ
エコキュート被害者様

お辛い状況のまま、今もこの寒空の中、屋外で時間を過ごしているかと思うと心が痛みます。
10月の隣家工事(目的は何かはわかりませんが)から、小動物が戻って来たということは、何か低周波音が緩和されるような結果になったかもしれないですね、本当にそうであって、被害がマシになっていれば嬉しいのですが。。。。
でも、すぐに被害症状から回復しないと聞くので、簡単に喜んではいけませんが。。。。

先週、消費者庁よりエコキュート事故調査の報告書が公表されましたが、本当に待たされました。
ただ、報告書が出たからと言っても、すぐに被害者の環境が変わる訳でもなく、今後も自分で動かなければならないのはこれまで通りですが。。。

でも、エコキュート、その他同様の被害にとっては、やっと被害環境を変えるための道に、一歩進んだのではないかと思います。

当会も、被害者が泣かされている現状が、一刻も早く解消されるように、これまで通り頑張りたいと思います。

逃げるのが上手くなったとのお言葉を思い出します。
お身体、ご自愛してお過ごし下さい。
20:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター