被害者の声10

今回の神戸相談会にて、相談者の方が趣味の短歌で、お辛い被害状況を詠まれていました。被害者の気持ちをそのまま伝えてくれる短歌です。

2014年 ~
9月18日 胃が痛み 眠りたいのに 耳なりと音とストレス 眠れぬ毎夜

10月8日 ストレスで心と体が悲鳴あげ 静かな夜がほしいと願う

11月7日 耳なりで夜中に目が覚め 短歌詠む 我の越し道 幸せありてか

11月9日 耳なりが 被る布団を追いかけて 我を寝かさず 夜更けに悶悶

11月9日 ぐっすりと眠ってみたし 一度でも 心と体悲鳴をあげて

11月9日 追いかける耳なり 我を追いかける うらの家から恐怖の騒音

11月18日 笑いじわ 出来てもいいわ 心から笑って暮せる明日が来るなら


2015年 ~
1月9日 エコキュート キュートじゃないよ 迷わくな 心身ともにつかれはてたり

1月9日 眠れぬ夜 今日で幾日三百日 静かな夜を誰か返して

1月9日 悪い事 何かしたのか ひどい目に 替って寝てよ 一夜だけでも

1月10日 いろいろと 知らず解らず お手上げの 私に友の応援ありて 

1月10日 投函の 返事もなしに 十日たち 何を思うや 不誠実なり

1月10日 ホテルでも  どこでも逃げる所あれば行きたし 金なし知恵なし身には

1月12日 苦しまず 楽になる事 出来るなら それも良しかと思う 夜更けに

1月12日 一人では 無理な戦い しんどさに 心も狂い出しそう

1月12日 一筋の光も見えぬ暗やみに 迷い込んだか我の行く道

                     
 
被害解消されて嬉しい喜びの短歌が詠める日が、一刻も早く来ますことを心から願い、
今後とも、引き続き応援していきたいと思っております。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する