国の消費者問題関連機関に低周波音被害苦情の届け出を!!

被害者の皆様へ

一人一人の苦情がまとまって数にならないと私達の苦境は誰にも顧みられず、黙殺されていきます。「苦情を言っているのはあなただけ」「あなたが神経質なのです」という言葉で、私達の被害は闇に葬られようとしています。  
低周波音被害で私たちが困っている事実を訴え、まず公的機関が被害者数を把握することが必要です。 低周波音による被害状況を国が把握すれば、必ず私達被害者にも救済の道が開けると信じています。  

そのための一つの手段として、国の消費者問題関連機関に被害情報を届けたいと思います。
 
私たちの被害を解決するためには、この被害が稀な例ではないこと、潜伏期間の違いはあれ、長期的に低周波音に曝されることにより、いずれ大勢の人が発症する危険があることを知ってもらわなければなりません。


国民生活センターや、各地の消費者センターへ被害の報告を!


国民生活センターや、各地の消費者センターに苦情を届ければ(電話でも可)、事故情報データバンクに登録されます。トラブルメール箱の書き込みは集計されませんので、ご注意ください。 

【独立行政法人 国民生活センター】全国の消費生活センター等  http://www.kokusen.go.jp/map/index.html
事故情報データバンクシステム  http://www.kokusen.go.jp/map/index.html



 http://nolfn.jimdo.com/  





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

swimmy

Author:swimmy

カウンター